宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

アニメ

「あなたが決めろ」と悪魔は笑う――『響け!ユーフォニアム』と選択の意味

『響け!ユーフォニアム』・『響け!ユーフォニアム2』は、何かを決めるとは、選ぶとはいかなることなのか、それはどのような意味を持つのか、そのような問いを提起した。その問いに対する回答の輪郭を粗描することが、さしあたってのこの文章の目的である。

夢をみている彼女たちのために――『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』感想

『ひるね姫』をみました。しみじみとよくて、たくさんの人が映画館に足を運んでくれたらと思わずにはいられない作品でした。以下感想。

私の知らないあなたの物語――『響け!ユーフォニアム2』感想

『響け!ユーフォニアム2』をみました。あらゆる創作物には、それと出会うのに最も適したタイミングというものがあり、すなわち出会うべきとき、出会うべき場所で出会うことが最も重要なんではないかと思うのですが、僕にとっては今この時この場所こそがまさ…

黄昏に響く――『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』感想

Amazonプライムビデオでちまちま『ソ・ラ・ノ・ヲ・ト』をみていました。以下感想。

『GANTZ:O』感想

Netflixで『GANTZ:O』をみまして、大変よかったので感想を書き留めておこうと思います。

去りゆく女、留まる男――『イノセンス』感想

先日久しぶりに『イノセンス』を見返しました。実写版攻殻も控えていることですしせっかくなのでこの機会に感想を書いとこうと思います。

我々の生きるこの偽物の場所――『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』感想

ここ一週間くらい『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』をみてたんですが、流石多くの人に愛され続けている作品だけあってめちゃくちゃおもしろくてあっという間に2クール見てしまいました。いままでアニメ版『Fate/Zero』はみたんだけど本編には手を…

テクノロジーと自我――映画『虐殺器官』感想

アニメ『虐殺器官』をみました。以下感想。

未だ夜に至らず――アニメ『BLACK LAGOON』感想

Netflixでアニメ『BLACK LAGOON』をこのところだらだら見ていました。以下感想。

「近代」の夢の廃墟――『傷物語〈III 冷血篇〉』感想

『傷物語〈III 冷血篇〉』をみました。いや、ほんとうにアニメ映画『傷物語』がここで終わってしまうのだなと、公開さえ危ぶまれていた往時を偲んで感慨にふけりたくなるわけですが、いや終わってみればこういう形の映画になったことは決して悪くなかったの…

いま・ここの肯定――アニメ『四畳半神話大系』感想

『夜は短し歩けよ乙女』アニメ映画化の報に触れ、森美登美彦熱がにわかに高まる昨今ですが、このたびはアニメ版『四畳半神話大系』を冒涜的な仕方で見返しました。個人的に思い入れが深い作品なんですが、これまでまとまった感想を記してこなかったので、こ…

2016年の回顧(と展望)

はい、2016年もまさに終わろうという雰囲気が出てまいりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。僕はと言えば、大晦日に大仕事が残っているので気が抜けない感じです。しかし振り返りは一応年内に済ませておこうと思います。

魔女の平熱――『ふらいんぐうぃっち』感想

11月くらいからちまちま『ふらいんぐうぃっち』を視聴していて、さきほど最終回までみたので、感想を書いておきます。

『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』感想、あるいは世界の始まり

世間はもうすっかりサン&ムーンという感じですが、僕は未だ開封できておりません。それはさておき、先日Netflixでめっちゃ久しぶりに視聴した『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』について思うところがあったので書き残しておこうと思います。

Run for your life ――『ポッピンQ』感想

『ポッピンQ』をみました。以下感想。

(告知)コミックマーケット91 3日目にて個人誌頒布します

えー、昨日なんとかぎりぎりで入稿できまして、来たる冬コミで、個人誌『失われゆくものすべて――『氷菓』試論』を頒布いたします。アニメ版『氷菓』の評論本です。価格は500円の予定です。3日目、12月31日にアニメクリティーク刊行会@東V50bさまのブースに…

宇佐美さんの必敗の運命――『この美術部には問題がある!』感想

ここ数週間くらい、夕飯を食べながら『この美術部には問題がある!』をみていました。この視聴形態かなり(僕にとって)問題があると思っていて、それはなぜかと言えば食べることに気を取られて画面への意識が途切れがちになってしまうからなんですが、それ…

戦下の日常を生きる――映画『この世界の片隅に』感想

『この世界の片隅に』をみました。めちゃくちゃよかったです。是非映画館に足を運んでいただきたい。以下感想。

村上春樹『アンダーグラウンド』感想、あるいは『輪るピングドラム』の「呪いのメタファー」

村上春樹『アンダーグラウンド』を半年くらいかけて読んでいました。たぶん2年前くらいからなんとなく脳内の「読まなければならない」リストに入っていて、ちょと読んではきつくなって放置、というのを3サイクルくらい繰り返してたんですが、今回時間をかけ…

軽やかさと青春――『TARI TARI』感想

Netflixで『TARI TARI』をみました。以下感想。

恢復させる聲――『映画 聲の形』感想

『映画 聲の形』をみました。原作は未読です。なんというかうまくまとまらなそうなんですが、以下感想。ネタバレが含まれます。

君の/セカイの価値は――『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を見直したのでせっかくだから感想を残しておきます。

「普通」でないことの呪いと祝福――『境界の彼方』感想

ここ2週間くらいかけてAmazonプライムビデオで『境界の彼方』をみていました。以下感想。

戦う理由――『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』感想

『シン・ゴジラ』をみて以来見返そうと思っていた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』をようやく見返せたので感想を書き留めておこうと思います。

きっと彼を憶えてる――『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』感想

Netflixで『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』をみました。シュタゲは原作プレイ・アニメ版視聴済ですが、無数のメディアミックス作品はノータッチという感じで、なんというか作品自体はとても好きなのだけれど諸々の展開に蛇足感を感じていなくもな…

マイベストエピソード10選

「物理的領域の因果的閉包性」のぎけん@c_x さんの企画に参加させていただきます。

喪失という祝福――『星を追う子ども』感想

『君の名は。』の凄まじさにあてられ、新海誠監督作品で唯一未見の『星を追う子ども』をみました。あんまり好意的に言及されている印象がなかったので躊躇していたのですが、Twitter上で複数の方に背中を押していただきました。以下感想。

フィクションが距離を突破する――『君の名は。』感想

新海誠監督『君の名は。』をみました。滅茶苦茶よかった。以下感想ですが、ネタバレが含まれるのでご注意ください。

風景と叙情――『雲のむこう、約束の場所』感想

『雲のむこう、約束の場所』をHuluで視聴。以前みた気になってたんですが普通に初見だったっぽいですね。記憶があやしい。『君の名は。』公開前に『星を追う子ども』以外はみれました。とりあえず以下で感想。

桜のなかに君を読む――『秒速5センチメートル』感想

なんとなく見てしまった『秒速5センチメートル』のせいで感情がいかんともしがたくなり寝るに寝れない状態に陥ってしまったので、とりあえず感情を吐き出しておこうと思います。