宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

映画

魔術でトリップ――『ドクター・ストレンジ』感想

『ドクター・ストレンジ』をIMAX3D・字幕版でみました。これは間違いなくデカいスクリーンで見るべき映画だと思いますので、興味ある方はデカいスクリーンでかかっているうちに見に行かれたらよいのではと思います。以下感想。

共有されえない普遍の神――『沈黙 -サイレンス-』感想

『沈黙 -サイレンス-』をみました。以下感想。

世紀末の神話再び――『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション』感想

『マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション』をみました。ジョージ・ミラー監督がこれが最高のバージョンと豪語する予告編には正直話盛りすぎではとか思ってたんですが、いや確かにこれはこれでという感じで、元がぶっちぎりで最…

オアシスは世界最強のバンドである――映画『オアシス:スーパーソニック』感想

なんとか上映終了前に駆け込みで『オアシス:スーパーソニック』をみまして、大変よかったです。以下感想。

「近代」の夢の廃墟――『傷物語〈III 冷血篇〉』感想

『傷物語〈III 冷血篇〉』をみました。いや、ほんとうにアニメ映画『傷物語』がここで終わってしまうのだなと、公開さえ危ぶまれていた往時を偲んで感慨にふけりたくなるわけですが、いや終わってみればこういう形の映画になったことは決して悪くなかったの…

2016年の回顧(と展望)

はい、2016年もまさに終わろうという雰囲気が出てまいりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか。僕はと言えば、大晦日に大仕事が残っているので気が抜けない感じです。しかし振り返りは一応年内に済ませておこうと思います。

『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』感想、あるいは世界の始まり

世間はもうすっかりサン&ムーンという感じですが、僕は未だ開封できておりません。それはさておき、先日Netflixでめっちゃ久しぶりに視聴した『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』について思うところがあったので書き残しておこうと思います。

血塗れの希望――『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』感想

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を2D・字幕版でみました。以下感想。

Run for your life ――『ポッピンQ』感想

『ポッピンQ』をみました。以下感想。

いま選ぶ私的戦争映画ベスト10

『男の魂に火をつけろ!』さんの戦争映画ベスト10企画に参加させていただこうと思います。 戦争映画ベストテン - 男の魂に火をつけろ! <戦争映画ベストテン受付中>

音とタイムリミット――『聖の青春』感想

『聖の青春』をみました。原作は約半年前に読んだんですが細部は結構記憶の彼方状態みたいな感じで、これはこれで新鮮に楽しめてよかったのかなと思います。以下感想。

魔法世界の奥行き――『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』感想

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を2D吹き替え版でみました。以下感想。

戦下の日常を生きる――映画『この世界の片隅に』感想

『この世界の片隅に』をみました。めちゃくちゃよかったです。是非映画館に足を運んでいただきたい。以下感想。

一つの映画、無数の人生――『City of God – 10 Years Later』感想

Netflixで『City of God – 10 Years Later』をみたので感想。DVDはでてないっぽいので、今のところNetflixでしか視聴できない感じなんでしょうか。なんにせよみることができてよかった。

『インフェルノ』感想、あるいはフィレンツェの帆場暎一

『インフェルノ』を字幕版でみました。以下感想ですが、もちろんネタバレが含まれており、ネタバレが映画の楽しみを著しく損なう種類の映画だと思いますので、ご注意ください。

2016年の崩れ落ちた兵士――『SCOOP!』感想

『SCOOP!』をみたので感想。

半世紀前の熱狂――『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』感想

『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』をみました。以下感想。

ここではない何処かへ――『シング・ストリート 未来へのうた』感想

『シング・ストリート 未来へのうた』をみました。以下感想。

悪夢を祓う英雄――『ハドソン川の奇跡』

『ハドソン川の奇跡』(原題:Sully)を字幕版でみました。以下感想。ネタバレが含まれますのでご留意ください。実話にネタバレも何もあるか!というのはごもっともですが、構成の妙はやはりネタバレ知らずにみたほうがより楽しめると思うので。

恢復させる聲――『映画 聲の形』感想

『映画 聲の形』をみました。原作は未読です。なんというかうまくまとまらなそうなんですが、以下感想。ネタバレが含まれます。

君の/セカイの価値は――『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』を見直したのでせっかくだから感想を残しておきます。

俺達には木製バットが必要なんだ――『スーサイド・スクワッド』感想

『スーサイド・スクワッド』を2D字幕版でみました。以下感想。

戦う理由――『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』感想

『シン・ゴジラ』をみて以来見返そうと思っていた『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』をようやく見返せたので感想を書き留めておこうと思います。

きっと彼を憶えてる――『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』感想

Netflixで『劇場版 STEINS;GATE 負荷領域のデジャヴ』をみました。シュタゲは原作プレイ・アニメ版視聴済ですが、無数のメディアミックス作品はノータッチという感じで、なんというか作品自体はとても好きなのだけれど諸々の展開に蛇足感を感じていなくもな…

喪失という祝福――『星を追う子ども』感想

『君の名は。』の凄まじさにあてられ、新海誠監督作品で唯一未見の『星を追う子ども』をみました。あんまり好意的に言及されている印象がなかったので躊躇していたのですが、Twitter上で複数の方に背中を押していただきました。以下感想。

フィクションが距離を突破する――『君の名は。』感想

新海誠監督『君の名は。』をみました。滅茶苦茶よかった。以下感想ですが、ネタバレが含まれるのでご注意ください。

風景と叙情――『雲のむこう、約束の場所』感想

『雲のむこう、約束の場所』をHuluで視聴。以前みた気になってたんですが普通に初見だったっぽいですね。記憶があやしい。『君の名は。』公開前に『星を追う子ども』以外はみれました。とりあえず以下で感想。

桜のなかに君を読む――『秒速5センチメートル』感想

なんとなく見てしまった『秒速5センチメートル』のせいで感情がいかんともしがたくなり寝るに寝れない状態に陥ってしまったので、とりあえず感情を吐き出しておこうと思います。

セカイにただ一人だけ――『ほしのこえ』感想

新海誠監督『君の名は。』の公開も間近に迫っている今日この頃ですが、Huluで『ほしのこえ』をみていました。以下適当に感想。

ヒーローから化物へ、あるいはヒーロー性の偏在――『傷物語〈Ⅱ熱血篇〉』感想

『傷物語〈Ⅱ熱血篇〉』をみたので感想。 『傷物語〈Ⅰ鉄血篇〉』の感想はこちら。 「死にたくない」こととヒーローであること―『傷物語〈Ⅰ鉄血篇〉』感想 - 宇宙、日本、練馬