読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

『花咲くいろは』 「日常」と「非日常」の脱構築

アニメ

f:id:AmberFeb:20130808011544j:plain

 

 『花咲くいろは』を視聴し終えてからしばらくたった。このアニメは、1話見るたび「明日もがんばろう」という気持ちになる、そんなアニメだった。これは、Blu-ray9巻に付属の小冊子のインタビューでも言及されており*1、多くの人がそう感じていたようである。では、多くの人に対する応援歌として機能したのはなぜか。緒花をはじめとするヒロインたちの前向きな姿、喜翆荘の面々が真剣に仕事に向き合う様など、様々な要素がからみあい、そのようなメッセージを発信していることは明らかである。

今回はその中でも、「日常」と「非日常」に着目して、『花咲くいろは』を見ると元気が出てくるわけを考えてみたい。

 緒花にとっての「日常」

 まず緒花にとっての「日常」とはどんなものなのか。そしてそれがどのように変遷していくかを確認する。第1話で描写される緒花の東京での「日常」は、彼女にとって退屈なもの、つまらないものとして描写される。夕暮れの商店街がその中で、彼女を引き付けるが、基本的には「つまらない」ものであるというのが彼女の認識で、「非日常」へのぼんやりとしたあこがれがある。「非日常」は彼女にとって、なんとなく魅力的なものなのだ。

 しかし、いきなり「日常」は崩され、旅館で住み込みで働くという「非日常」へつき落とされることになる。そして、緒花の持っていた「非日常」観はもろくも突き崩されるのである。これは、カビ臭い布団に端的にあらわされている。「非日常」は実際は魅力的なものではなく、「つらい」ものだったのである。そのつらい「非日常」の中で懸命に前に進もうとする緒花の姿を描くのが、『花咲くいろは』の前半部分の基本的な流れといっていいだろう。

 

 やがて中盤になって、旅館で働くという「非日常」が、しだいに緒花にとっての「日常」になっていることが明らかになる。それは11話から13話にかけて、緒花が東京に行き孝一と再会するエピソードで端的に示される。緒花は、孝一と再会したことにより、自分の「日常」が、かつては「非日常」であった喜翆荘にあることを自覚する。

 ここで重要なことは、もはや「日常」は退屈でつまらないものではなくなっている、ということである。緒花の喜翆荘での「日常」はやりがいのある、がんばりたいことへと次第に変化していた。それこそが、東京でのつまらない「日常」を生きる孝一との決定的な溝として立ち現われたのがこのエピソードであるといえよう。

 

 最終話で、結局緒花は東京へと戻ることになる。東京で、かつてとは全く異なる表情で「日常」を生きる緒花。これが単なる「非日常」から「日常」への回帰でないことは、今までの話の展開からもあきらかである。では、これはいったい何を意味するのか。

 

「日常」と「非日常」の境界

 それは、物語を通して「日常」と「非日常」との境界が曖昧にされ、突き崩されたことに着目すれば明らかになる。つまらない「日常」と魅力的な「非日常」という、緒花が前提としていた二項対立は、物語を通して徹底に突き崩された。「日常」の中でも「輝く」ことができるのだ、という確信にたどり着いた。その確信があればこそ、東京での、かつてはつまらないものにすぎなかった「日常」が、新たに魅力的な「日常」として再構築されたのではないか。それが、あのすがすがしいラストショットの意味ではないかと思う。

 

 さて、緒花の持つつまらない「日常」と魅力的な「非日常」という前提は、我々が無自覚のうちに持つものではないだろうか。その無自覚な二項対立をあらわにし、そして脱構築してみせたその物語の構造にこそ、『花咲くいろは』を見ると元気が出る理由ではないかと思う。

関連

amberfeb.hatenablog.com

 

*1:花咲くいろは スペシャル対談 監督・安藤真裕×プロデューサー・堀川憲司」『花いろノートブック 其の九』

広告を非表示にする