宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

2013年ベストムービーを選んでみた

f:id:AmberFeb:20131229230313j:plain

2013年 観た映画のまとめ - 宇宙、日本、練馬

 

 上の記事で、今年みた映画をリストアップしたんですが、どの映画が印象的だったとかは書きませんでした。年が明ける前に、なんとかまとめておきたいと思ったので、とりあえずまとめようと思います。2013年に日本で公開したやつと、それ以外とで分けて書こうと思います。

 2013年公開された映画のベストテン!

  1. 『フライト』
  2. 『キャプテン・フィリップス』 感想
  3. 『風立ちぬ』         感想 感想その2
  4. ゼロ・グラビティ』      感想
  5. 『ザ・マスター』        感想 感想その2
  6. パシフィック・リム』    感想 
  7. 『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [新編] 叛逆の物語』 感想 感想その2
  8. 『マン・オブ・スティール』   感想
  9. 『劇場版 花咲くいろは HOME SWEET HOME』 感想
  10. ジャンゴ 繋がれざる者 』

 はい、あえて順位をつけるとこんな感じかなと。『フライト』は、感想記事こそ書かなかったんですが、一番心を揺さぶられた映画でした。弱いものの心理をここまで克明に描いた映画はないんじゃないかと。

 上で挙げた以外に印象に残っているのは『スタードライバー THE MOVIE』『言の葉の庭』、『中学生丸山』、『世界にひとつのプレイブック』、『欲望のバージニア』。『言の葉の庭』は、『秒速5センチメートル』の路線を引き継ぎつつ、新たな道を提示していて好き。劇場の音響をフルに生かした雨音、そして’Rain’の解放感が得も言われぬ名作だと思います。

 『中学生丸山』は劇場で死ぬほど笑った思いで。「認知症のデスペラード!!!」遠藤憲司が最高だった。映画館で腹が痛くなるほど笑った。

 『欲望のバージニア』は、青春×バイオレンス。もっとトム・ハーディがバリバリに活躍してた方が好きだったもしれないけど、シャイア・ラブーフのさわやか青春成長物語も嫌いじゃなかったです。

 

 圧倒的にがっかりだったのは、『ダイハード ラスト・デイ』。一緒に見に行った友人たちと馬鹿話で盛り上がれたから、精神的なダメージとかは皆無だったんですが、あのダイ・ハードが、こんなネタ映画にまで成り下がってしまったのかと。普通に悲しいですね。でもこれ以外は、みんな満足できました。

 

レンタル等でみた映画

 レンタル等でみた旧作で、印象に残ったのは以下の映画。

 ベスト5を選ぶとしたらこれらかなー、と思います。うえ二つは、オールタイムベストテンにも食い込んでくるんじゃないかと思う勢いです。特に『ロード・トゥ・パーディション』は、理想のギャング映画という感じで。後で感想書きます。

 『ハート・オブ・ダークネス~コッポラの黙示録』は、『地獄の黙示録』のBlu-rayの特典のドキュメンタリー。誤解を恐れず言えば、『地獄の黙示録』よりはるかに面白い。というか、これを見てから本編を見ると180度代わってくるんじゃないかと。

 

 悪い意味で印象的だったのは『地獄甲子園』、『龍が如く 劇場版』。どちらもHuluで鑑賞。

 『地獄甲子園』は、ファーストシーンで死ぬほど笑って、これは期待できるぞと思っていたら、そこがピークだったと。いや、ファーストシーンは最高ですよ、本当に。

 『龍が如く 劇場版』は、明らかに脚本を書くのを途中で放棄したとしか思えないでき。序盤、様々な事件を同時並行に描いていて、それらが一点に収束するのかな、と思ったらまったくそんなことはなく、よくこれでいいと思ったね、と本気で言いたくなる意味不明な展開。北村一輝と岸谷五郎の演技が素晴らしいのだけが見どころ。

 

 こんなところですかね。2014年もほどほどに映画を見ていきたいなと思います。

 

ニューイヤーズ・イブ [Blu-ray]

ニューイヤーズ・イブ [Blu-ray]

 

 

広告を非表示にする