読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

壁の外に出れなかった男―『ラストエンペラー』感想

ラストエンペラー コレクターズ・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]

 

 なんとなくTSUTAYAで借りた『ラストエンペラー』がえらく心に残ったので、適当に感想を書いとこうと思います。

 

 1950年、中国東北部ソヴィエト連邦から中華人民共和国へと移送される戦犯の群れ。そこの中にある男はまぎれていた。愛新覚羅溥儀清朝最後の皇帝であり、そして大日本帝国の策動によって満州国の傀儡皇帝に祭り上げられたその男も、いまや政治犯のなかのワン・オブ・ゼムに過ぎなかった。モノトーンの収容所の中で、男は思い出す。周囲は自身の思うままになる豪奢な暮らしを送っていた、と同時に今と同じく壁の中で過ごしてもいた、あの頃を。

 現在=1950年の政治犯収容所と、過去とを往復する形で物語は語られるのだが、その現在と過去の対比がとにかく鮮烈。オリエンタルな美術によって豪華絢爛に演出された紫禁城と、モダンで殺風景な収容所。この落差によって、時間軸の移動を否応なしに認識させられる。そして、中国内の軍閥の争いやらクーデターやらで、次第に雲行きが怪しくなっていくにつれ、過去の色彩は次第に収容所の風景へと近づいてゆく。史実を知らなくとも、映画の構成上溥儀のたどり着く場所はすでに我々に知らされているわけで、それが彼の青春を眺める我々の目線を決定づける。歴史的な状況と溥儀個人の思惑とが絡まりあって、破局へと向かう物語。溥儀個人に寄り添っているがゆえに、なんというか歴史映画というよりはむしろ青春映画のような印象を受けた。

 

壁の中の青春

 この映画に映し出される溥儀の青春、というか人生は、壁の中に留まる宿命を常に背負わされている。戦犯として留まることを強いられてる収容所はもちろん、幼少期に即位して以来、紫禁城の壁の中が彼の世界のすべてであり、その外で起きている政治的な大変動すら知らされることはなかった。紫禁城を追われ、再び皇帝位へと返り咲く希望を託して向かった満州国においても、甘粕をはじめとする日本の手のなかから出られない。

 紫禁城においても満州国においても、彼の無力は「愛する人を追いかけることすらできない」ということにおいて強調される。扉を開けと命じても、扉は固く閉ざされ続ける。壁のなかでは絶対ともいえる力を振るうことのできる男も、壁の外に出れば無力であることを衛兵は知っている。だから彼は外に出ることを許されない。

 収容所から出、庭師として暮らす晩年の溥儀。彼が目にするのは、文化大革命における紅衛兵の粛清。もはや物理的な壁ではないなにかが、人々の周囲を覆いだし始めるありさますらを、歴史は溥儀に目撃させ、そして最後の皇帝の人生の幕は下りる。彼が不自由であるにせよ、きらびやかな時を送ったあの場所へと帰る夢をみながら。

 

関連

 外に出れない男の話で僕が連想せざるをえないのは『ウテナ』です(やめろ)

どうでもいいですが、『ウテナ』も『ラストエンペラー』も女性は外に出ることができているのですよね、全然意味合いは違うにせよ。

 

 

【作品情報】

‣1987年/イタリア、中華人民共和国、イギリス

‣監督:ベルナルド・ベルトルッチ

‣脚本:ベルナルド・ベルトルッチ、マーク・ペプロー

‣出演

  • 愛新覚羅溥儀ジョン・ローン 
  • 婉容: ジョアン・チェン 
  • レジナルド・ジョンストン: ピーター・オトゥール 
  • 戦犯収容所所長: 英若誠 
  • 陳宝琛(溥儀の教育係): ヴィクター・ウォン
  • 大李(溥儀の召使): デニス・ダン 
  • 甘粕正彦坂本龍一 
  • 溥儀(3歳): リチャード・ヴゥ 
  • 溥儀(8歳) :タイジャー・ツゥウ 
  • 溥儀(15歳): ウー・タオ 
  • イースタン・ジュエル(川島芳子): マギー・ハン 
  • 戦犯収容所尋問官 :リック・ヤング
  • 文繍 :ウー・ジュンメイ 
  • 張謙和 :ケイリー=ヒロユキ・タガワ 
  • 吉岡安直 :池田史比古 
  • アーモ(溥儀の乳母) :イェード・ゴー 
  • 西太后: リサ・ルー 
  • 菱刈隆 :高松英郎 
  • 日本人通訳: 立花ハジメ 
  • 溥傑 :ファン・グァン 
  • 溥傑(7歳) :ヘンリー・キィ 
  • 溥傑(14歳) :アルヴィン・ライリーIII 
  • 親王(溥儀の父) :バシル・パオ 
  • 文繍(13歳) :ウー・ジュン 
  • 隆裕皇太后 :スーン・ファイケイ 
  • 瓜爾佳氏(溥儀の母): リャン・ドン 
  • 宮内大臣 : ジャン・シーレン 
  • 日本人医師: 生田朗 
  • 満州国経済部大臣:リー・フーシェン 
  • 嵯峨浩 :チェン・シューヤン 
  • 鄭孝胥 :ユー・シホン 
  • 張景恵 :チェン・シュ 
  • 袁世凱 :ヤン・パオツォン 
  • 満州国近衛兵隊長 :陳凱歌
広告を非表示にする