宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

『ザ・マスター』 奇妙な関係

f:id:AmberFeb:20130802214205j:plain

 下高井戸シネマにて『ザ・マスター』を観た。Blu-rayが出るまで我慢しようかとも思ったが、予告編を見たらいてもたってもいられず、後輩を無理に誘って見に行ってしまった。

 


映画『ザ・マスター(原題) / The Master』予告編 - YouTube

 

 この予告編、ホアキン・フェニックスのぶち切れ具合とよくわからん内容、そして後半でかかるNo Other Loveの心地よさがツボで、もう50回は見た気がする。その後輩にこの予告を見せたら、「ホモ映画ですか(笑)」との反応。君は『裏切りのサーカス』を観た時も「ホモ映画じゃないですか(笑)」とかいってたな。

 

 で、観た感想はというと、さっぱりわからん(笑)、でも演技と映像美に満足、といったところ。前日徹夜という最低のコンディションで臨んだので、序盤うとうとしかかったが、フレディとトッドの対話の場面で一気に目が覚めた。この場面の吸引力は凄まじいものがある。失礼ながら、ホアキン・フェニックスがこんなに凄まじい役者だとは知らなかった。『グラディエーター』の嫌な奴のイメージ、俺の中で完全に払拭。その後も各場面での俳優たちの渾身の演技に目を奪われ続けた。

 予告編でも使われていた荒野をバイクで疾走する場面などは、映画館で観てよかったなと思わせる美しさだった。前作『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』も画面の構成の美しさを感じたが、更に磨きがかかっていたんじゃないか。

f:id:AmberFeb:20130802220830j:plain

 また、フレディとトッドの関係が、この映画の主題だけあって、印象深かった。過激な手段でトッドの名誉を守ろうとするフレディや、ズボンが破けるほど攻撃的にじゃれあう二人の姿なんかは、ホモソーシャル的な関係性を想起させたが、単なるホモソーシャルではないよね多分。最後の場面で暗喩的に語られる「マスター」という語の意味はなんなのか。それこそが二人の関係性を理解するヒントなのだとは思うが、理解には至らず。

 

 そんなわけで画面に釘付けになって2時間半を過ごしたが、個々の場面場面は楽しめたが、全体としてのテーマであるとか、物語を理解するまでには至らなかった。凄まじい場面場面の連続なんだけど、それがぶつ切りになっている感じで、連続的なものとして頭に入ってこない。それがさっぱりわからん感の原因である。Blu-rayが出たら何度も見返したい、そんな映画だった。

 

 

ザ・マスター [Blu-ray]

ザ・マスター [Blu-ray]

 

 

 

 

【作品情報】

‣2012年/アメリカ

‣監督:ポール・トーマス・アンダーソン

‣脚本:ポール・トーマス・アンダーソン

‣出演(日本語吹き替え)

広告を非表示にする