宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

アニメ

擬英国風と時の試練——『L/R -Licensed by Royal-』感想

『L/R -Licensed by Royal-』がdアニメストアで配信終了とのことで、なんとなく駆け込みでみていました。以下感想。

真の必殺剣——『ケモノヅメ』感想

Netflixで配信が終わる前に駆け込みで『ケモノヅメ』をみていました。以下感想。

一騎当千、万夫不当——『Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-』感想

『Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-』をみたので感想。

団地とモールとインターネット、鮮やかな泡沫―—『サイダーのように言葉が湧き上がる』感想

『サイダーのように言葉が湧き上がる』をみました。極めてよくまとまったよい作品だと思います。みんなもみよう。以下、感想。

誰も知らないささやかな冒険―—『竜とそばかすの姫』感想

『竜とそばかすの姫』をみました。以下、感想。

少女の幼い身勝手さ―—『サマーウォーズ』感想

『竜とそばかすの姫』もまもなく公開ですね。ということで細田守監督作品を再見していて、『サマーウォーズ』を久方ぶりに見返しました。以下、感想。

アニメ『終末のワルキューレ』感想

Netflixで『終末のワルキューレ』をみていました。以下、感想。

Travelling with(out) moving―—『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』感想

『ゴジラ S.P <シンギュラポイント>』をみたので感想。

半径5メートルの恋と革命——『月がきれい』感想

このところ、『月がきれい』をみていました。以下、感想。

ニュータイプと運命の女——『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』感想

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』をみました。お見事でした。以下、感想。

大胆不敵!——『劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 後編 Paladin; Agateram』感想

『劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 後編 Paladin; Agateram』をみたので感想。

運命の成就、そのあとで——『劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト』感想

『劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト』をみました。このあいだダッシュで予習した甲斐があったと思える見事な映画だったと思います。以下、感想。

映画のなかのわたし‐たち——アニメ『映画大好きポンポさん』感想

『映画大好きポンポさん』をみました。久方ぶりの映画館、たいへんよろしゅうございました。以下、感想。

西東京的、西武線的——アニメ『女子高生の無駄づかい』感想

『女子高生の無駄づかい』をみたので、以下感想。

涙の生々しさ——『true tears』感想

『true tears』をいまさらみました。どうもこの作品の温度感のようなものが苦手で、途中までは何度もみてたんですが、今回ようやく最終回までたどり着きました。以下、感想。

運命の再生産、あるいは冷たい幾原邦彦——『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』感想

『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』をみました。以下、感想。

ディストピアの夕暮れ——アニメ『新世界より』感想

アニメ版『新世界より』をこのところみていました。10年代の落穂拾いの一環です。以下、感想。

甘い生活、嘘の革命——アニメ『ACCA13区監察課』感想

『ACCA13区監察課』をみたので感想。

記号性の否定、さらにその先へ――『ガールズ&パンツァー 最終章』第3話感想

『ガールズ&パンツァー 最終章』第3話をみたので感想。

『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』という呪い

『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』の流れで『新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に』を再見したので、思ったところを書き留めておきます。『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』の内容に踏み込むと思われますので、ご留意ください。

世界の終わりで釣り糸を垂らすこと——『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』についての個人的覚書

『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』。感想は以下の記事に書いたので、無数のディテールについて思うところを書き留めておきましょう。 みなしごたちの居場所、あるいはまた会う日まで——『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』感想 - 宇宙、日本、練馬

みなしごたちの居場所、あるいはまた会う日まで——『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』感想

『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』( EVANGELION:3.0+1.0 THRICE UPON A TIME)をみました。エヴァンゲリオンという作品の歴史をすべて背負い、そして予告した通り、すべてに決着をつけてみせた、歴史的傑作です。同時代に生きる人間として、その公開の瞬間…

マスプロダクトと場所性——『おちこぼれフルーツタルト』感想

『おちこぼれフルーツタルト』をみたので感想。

ゼロ年代から遠く離れて——テレビアニメ&アニメ映画ベスト10で振り返るゼロ年代

昨年末に書いた以下の記事が存外多くの人に読んでもらえたので、せっかくなのでということでゼロ年代もテレビアニメ10本、アニメ映画10本の計20本で振り返っていきます。 黄昏と殺伐の時代の生存戦略——テレビアニメ&アニメ映画ベスト10で振り返る2010年代 -…

探偵の破局と不屈——『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』感想

『ID :INVADED イド:インヴェイデッド』をみました。舞城王太郎という作家は、やるべきことをやるべき水準で間違いなくやってくれる作家なのだという確信を深めました。以下、感想。

裂けた自意識——アニメ『モブサイコ100』感想

Netflixでアニメ『モブサイコ100』1期をみていました。2010年代の落穂拾いですね。以下感想。

アニメ『THE IDOLM@STER』感想

アニメ『THE IDOLM@STER』をようやく最後までみました。今年で放映から10年ですってよ。以下感想。

黄昏と殺伐の時代の生存戦略——テレビアニメ&アニメ映画ベスト10で振り返る2010年代

はやいもので、もう2020年も暮れようという感じでございますが、2010年代からあまり遠く離れないうちに、わたくしにとっての2010年代の経験とはなんだったのか、書き留めておこうと思います。この試みはなかなか難儀なもので、総花的に語ろうとするといつま…

きみにいいことがあるように——アニメ『ジョゼと虎と魚たち』感想

アニメ版『ジョゼと虎と魚たち』をみました。ルックがとにかく心地よく、またクリスマスシーズンともマッチした秀作であったと思います。以下感想。

仕事への自負と信頼——TV版『リトルウィッチアカデミア』感想

TV版『リトルウィッチアカデミア』をこのところちまちまみていました。アニメミライ版および『魔法仕掛けのパレード』はずいぶん前にみていたんですが、TV版はとりわけ素敵な作品だったと思います。以下、感想。