宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

映画

完璧な漫画の完璧な映画——『THE FIRST SLAM DUNK』感想

『THE FIRST SLAM DUNK』をみました。今年最後の映画館でこの作品をみられたこと、感謝…という気持ち。以下、感想。

誠実な心、書割の城——映画『かがみの孤城』感想

『かがみの孤城』をみました。以下、感想。

ジョブズ、モナリザ、金閣寺―—『ナイブズ・アウト: グラスオニオン』感想

『ナイブズ・アウト: グラスオニオン』をNetflixでみました。このところクソ忙しくて劇場に足を運べてないので、新作配信のありがたみを強く感じます。以下、感想。

別れの儀式——『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』

『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』をみて感想書かずにいたので、落穂ひろい的に書いておきます。

喪失、災い、旅立ちの荷物――『すずめの戸締り』感想

新海誠監督の最新作、『すずめの戸締り』をみました。『君の名は。』、『天気の子』を経て、それらの作品の主題系を継承し、さらにむき出しの作家性が露出した、そういう映画だったと思います。以下、感想。物語上の重要な仕掛けに触れています。

団地と飢餓と冒険——『雨を告げる漂流団地』感想

Netflixで『雨を告げる漂流団地』をみました。劇場公開と同時配信だとよっぽどの思い入れがないと劇場に足を運ばなくなってしまった。以下、感想。

さよならの夏——『ぼくらのよあけ』感想

『ぼくらのよあけ』をみました。『雨を告げる漂流団地』(こちらは未見)といい、団地ジュブナイルがにわかに熱い今日この頃ですわね。以下、感想。

反転と反射——『アンブレイカブル』感想

『アンブレイカブル』をみました。Amazonのほしいものリストから送ってくださった方、ありがとうございます。思えばシャマランぜんぜん通らずにきてしまいましたが、この機にみましょう。以下、感想。

拡張現実とオルタナティブな東京——『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』感想

プライムビデオで配信が終わるというので、『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』をみました。以下、感想。

夏の終わりの悲しさ、タイムマシンとしての映画——映画『四畳半タイムマシンブルース』感想

ひさしぶりに映画館にいって、『四畳半タイムマシンブルース』をみました。以下、感想。

犬と善性——映画『ヘルドッグス』感想

『ヘルドッグス』をみました。近年の原田眞人監督作品のなかでは断トツにいいのでは。以下、感想。

蒼井優さんはマジでえらい——映画『ハチミツとクローバー』感想

キッチュとゼロ年代の記憶——『ブレット・トレイン』感想

『ブレット・トレイン』をみました。ブラピがこういう映画に出てくれるの、うれしい!以下、感想。

映画の起源、映画の先端——『NOPE/ノープ』感想

『NOPE/ノープ』をみました。既にでかいスクリーンからは遠ざけられていて悲しみが発生したのですが、いやはや、こいつはIMAXでみたかったぜ。以下、感想。

歌姫の夢のまぼろし——『ONE PIECE FILM RED』感想

遅ればせながら『ONE PIECE FILM RED』をみました。以下、感想。

都市の孤独とイニシエーション——『魔女の宅急便』感想

新海誠監督の最新作『すずめの戸締り』が宮崎駿監督『魔女の宅急便』の影響下にある...というの明言していたので、公開前に再見せねばという気持ちがあり、実行した次第。以下、感想。

古くて新たなスパイの系譜―—『グレイマン』感想

Netflixで『グレイマン』をみました。以下、感想。

きっと何者かになれるわたしたちが、何度でも呪いを打ち払うだろう——『劇場版 RE:cycle of the PENGUINDRUM [後編] 僕は君を愛してる』感想

『RE:cycle of the PENGUINDRUM [後編] 僕は君を愛してる』をみました。このようなタイミングでこの作品が公開されること、TV版もそうでしたが、作品自体が歴史に要請されて存在する、そのように錯覚してしまうような感覚があります。恐るべきことです。以下…

燃え尽きる炎——『ボイリング・ポイント/沸騰』感想

『ボイリング・ポイント/沸騰』をみたので感想。

孤独な魂、果て無き旅―—映画『神々の山嶺』感想

アニメ映画『神々の山嶺』をみました。たいへんよかったです。以下、感想。

その衣装、イカしてるわね——『ソー:ラブ&サンダー』感想

『ソー:ラブ&サンダー』をみました。以下、感想。

ずっと続いてゆく旅路——『映画 ゆるキャン△』感想

『映画 ゆるキャン△』をみました。以下、感想。

恋と意味のなさについて——『リコリス・ピザ』感想

『リコリス・ピザ』をみました。以下、感想。

灰色のかすかな希望——『ベイビー・ブローカー』感想

『ベイビー・ブローカー』をみたので感想。

最後の義賊と歴史の終わり——『最後の追跡』感想

Netflixで『最後の追跡』をみました。抑制のきいた小品という感じで、よかったっすね。以下、感想。

活劇と思想——『老人Z』感想

dアニメストアで『老人Z』をみたので感想。過去の作品に手軽にアクセスできるのはほんとサブスクのありがたさだと感じます。以下、感想。

戦争、子ども、ユートピア——『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』感想

『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』をみたので感想。

むきだしの映画そのもの——『トップガン マーヴェリック』感想

『トップガン マーヴェリック』をみました。負けたぜ。以下、感想。

80年代の夕陽——『トップガン』感想

『トップガン マーヴェリック』の予習にと『トップガン』を再見したので、感想書いておきます。

けものの踊り、幽霊の声——『犬王』感想

湯浅政明監督『犬王』をみました。湯浅政明という作家の、現時点での総決算ともいえる作品だと思います。一人でも多く、劇場に足を運んでほしい。以下、感想。