読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

ギャラガー兄弟の暴言で振り返る2013年

f:id:AmberFeb:20131207213209j:plain

 

 今年も残すところあとわずかですね。俺がオアシスを死ぬほど好きというのは前の記事でも書いたんですが、その理由は楽曲や演奏が好きって言うのはもちろんなんですが、やっぱりフロントマンであるギャラガー兄弟のキャラクターによるところも少なくない。

 彼らのお家芸といえば、ネタかマジか判別がつかない兄弟げんかと暴言。オアシスは解散してしまったけれど、ギャラガー兄弟は相変わらずファッキン元気に活動しているわけで、つまるところ大量の暴言がいつものごとく生まれおちました。Beady Eyeの新譜も出た今年は、例年にも増して兄弟そろって数々の愛すべき暴言たちを生み出したのではないかと思います。この1年を振り返る意味でも、彼らが今年残した暴言を、ランキング形式でまとめてみようと思います。ソースは全てRO69の記事です。

 発言の解釈は全て私の妄想ですので本気にしないでください。

 第10位 ノエル「俺の天国行きは確実だよ。だって神はオアシス・ファンなんだから。」

 年明けの『ザ・サン』誌に掲載された、2013年一発目の暴言。

俺の天国行きは確実だよ。だって神はオアシス・ファンなんだから天国の門に着いたら、俺は連中にこう言ってやるんだ。”Don't Look Back In Anger”を聴いたことがあるよな?連中は『もちろん』って答えるだろうから、実はあの曲俺が書いたんだ、だから(天国に)入れてくれ。入れてくれたらチューンを歌って演奏してやるよ。俺の曲には他人からの拝借パートもあるし、ドラッグも腐るほどやったけど、俺は元来の善人だからな。」

 年明けからこのビッグマウス。年初からこの飛ばしっぷりですから、今年いかにギャラガー兄弟の調子が良かったかわかろうというもの。

 

第9位 リアム「ノエルが他人の前でいい子ぶるのは昔から」

 ノエルが、かつての仇敵であるブラーのデーモン・アルバーンとチャリティで共演した事に対する発言。

「ガン患者を救うための基金集めっていう、あのイベントの主旨については俺も文句はないよ。でもあのときのノエルやデーモンのファッキン聖人ぶった顔、そんな自分たちに酔ってるような顔を見たときは、ファッキン自己陶酔野郎どもが! いい子ぶるんじゃねぇよ!って野次ってやりたくなったね。もしあれが本心からの友情でやってるなら俺も納得するけど、ノエルが他人の前でいい子ぶるのは昔からだしさ。あれがあいつのポーズだってのはすぐわかったから、うぇ~~って感じ。しかもブラーの歌に参加してバック・コーラスなんかしやがって。どうせやるならなんで堂々とオアシスの歌をやらないんだよ? なんで今さらあいつに媚売らなきゃならないんだよ? 安娼婦みたいなおべっかばかり使いやがって。新聞に良く書いてもらうためならほんとなんでもやるコックサッカーだよな、ノエルは」

 この発言はおそらく、ノエルにかまってもらえなかったリアムが脊髄反射的に兄貴をdisってしまった的な、ツンデレ発言ではないかと思います。チャリティーでも何でも兄貴と共演したかったんだろ?非常に婉曲な愛情表現ですねえ(馬鹿)

 

第8位 リアム「このアルバムはオアシスが『モーニング・グローリー』以降作るべきだった内容になってるんだよ」

 Beady Eye の新作”BE”が発売された今年は、それに関するリアムのビッグマウスが絶好調に炸裂した年でした。ノエルをディする曲があるんだぜ、と語ったりとか、「クソバカに歌が下手だといわれるのは飽き飽きした」とかいってみたりとか色々ありましたが、一番印象に残ったのはこれでしたね。

「このアルバムはオアシスが『モーニング・グローリー』以降作るべきだった内容になってるんだよ」

「だからといって『ビィ・ヒア・ナウ』よりよくできているとか、なんだかんだと、そういうことを言いたいんじゃないんだ。俺は『ビィ・ヒア・ナウ』が大好きだし、別にケチをつけたくもないんだけど、それまでにアルバムを2千万枚も売ったとなると、さすがに『あの公式をちょっとなぞってみようか』って言い出す輩もいるわけなんだよ。だから、今作ってるようなアルバムを結局やらなかったことが俺にはちょっと残念なんだよ。でも、このファッキン新作はドアを真正面から蹴破って向こう側の世界へ全力で飛び出していくっていうものになってるんだよ

 ぶっちゃけこの発言、けっこう本気っぽい、ていうかガチな感じがぷんぷんするじゃないですか。故に、眉つばとは思いつつも信じてしまった自分がいて、大層期待をしてしまったわけですよ。その結果がこれだよ。いや、期待しすぎた自分がよくないんですけどね。それはわかってるんですけどね。

 

第7位 リアム「僕らはオアシスがいいんですーってさ。ファック・ユー!だ」

 未だにオアシスの幻影を求めてBeady Eyeを受け入れないファンへの暴言。

「俺達は凄いロックンロール・アルバムを作ったんだけど、ときどき感じるのは、マジにくだらない理由でビーディ・アイをファッキン・ボイコットする奴らがたくさんいるってことでさ。僕ら、ビーディ・アイが何をやろうがとにかくオアシスじゃないからボイコットしまーす、僕らはオアシスがいいんですーってさ。ファック・ユー!だ

ビーディ・アイは趣味なんかじゃねえんだ。俺はビーディ・アイにオアシスよりも時間を割いて、力入れてんだ」

 言っていることは一理あるというか、結構その通りだと思うんですよね。オアシスはもうないんだから、ファンは彼らの変化を受け入れるべきだと。至極正論じゃないですか。しかし、このあとのリアムの態度があれすぎて...

 

第6位 リアム「(再結成は)起こるべき時に起きるもんなんだよ。」

 上でBeady Eye聞いてくれ!、みたいなこと言ってると思ったらこれだよ。ちょっと情けなさすぎるよ!この思わせぶりな発言と、来年は1stから20周年ということもあって、オアシス再結成の噂が立ったのも印象的でしたね。

「俺とうちの兄貴は話をしないからさ。ゲムやほかの連中はあいつと話をしてるけど。ヒッピーを気取って言ってるわけじゃないけど、そういうことは起こるべき時に起きるもんなんだよ。音楽の神様たちがそうしたいっていうのならね

「どこでやることになっても、デカい話にはなるよな。でも、デカくなきゃいけないって話じゃないし。こぢんまりとやるかもしれないし。とにかく、やるとなったら、みっちり準備してやることになるよ

 こんな希望をちらつかせてからの…

 

第5位 ノエル「再結成は起きないから。俺抜きのオアシスはゴミ。」

 希望がちらついたかと思ったらこれですからね。流石兄貴。

「どうもみんな延々と噂にし続けてたら、いずれ現実になると思い込んでる節があるみたいなんだけど。でも、再結成は起きないから。俺抜きでやるならありうるよ、でも、俺抜きじゃゴミだからね」

  こうまでスパッと否定されるとすがすがしい。この1月前にも、再結成されるとしても、俺はいない、との発言も。兄弟のどちらが再結成を望んでいるのか、はからずも浮き彫りになった印象深い発言だったと思います。

 

第4位 リアム「ロビー・ウィリアムズのアドヴァイスを聞くくらいなら、金玉を撃ち抜いた方がまし」

 ギャラガー兄弟といえば、他のアーティストを容赦なくこき下ろすのがその十八番。今まで何度も舌戦を繰り広げたロビー・ウィリアムズと、今年もディスりあいを繰り広げました。Beady Eyeのアルバムに彼がアドバイス()をしたことに対するレスポンスがこれ。ひどすぎる。

「なんか課題をクリアーするためにアルバムを作ったわけじゃなくて、これは俺たちのプロジェクトなんだよ。ロビー・ウィリアムズはアルバムにはいい曲が揃ってるけど、コーラスが足りないって言ってるんだよな。でも、ロビーのアドヴァイスを聞き入れるくらいだったら、自分の金玉を撃ち抜いた方がまだましだぜ

 

第3位 リアム「ロビー・ウィリアムズはクソバカのデブ」

 ストレートなひどさ。

「エティハード3日間なんていう公演は、本来なら俺たちがやってるべきことであって、あんなクソバカのデブのやることじゃないんだよ。どんな道化野郎を連れ出しきたところでたいして変わりゃあしないし。あれが3日公演をやっててね、俺たちみたいなバンドがリッツで1晩限りってほんとに嘆かわしいことだと思うよ。残念だけどね。ロビー云々ってことじゃなくて、人一般の問題だからね、これは。でも、俺がビビってるとか、そんなことを考えてるんなら、別にロビー一人の問題にしたっていいんだぜ」

「まあ、ちっぽけなライヴだよ。ビーディ・アイはデカいバンドじゃないからね。誰も彼もがみんな、俺たちがファッキン・スタジアムのライヴを発表するとか、そんなことを期待してるんだよね。でも、リッツが今の俺たちのレヴェルであって、みんなもしっかり稼いで俺たちのレコードを買ってくれないと、俺たちもいつまでもそのレヴェルなんだよ」

 ロビー・ウィリアムズdisと自分たちageが合わさって最強にみえる。これぞまさにロックンロールスターだと思いますよ(震え声)

 

第2位 ノエル「ワン・ダイレクションが名曲をなぶり殺しにしてる」

 一方ノエルはワン・ダイレクションを痛烈にdisる。

「ワン・ダイレクションに関わってる連中はみんな勝ち組なんだよ。ワン・ダイレクションの連中は地元のコンビニで働いてるわけじゃないんだから、勝ち組だよな連中のクソ曲を書いてるやつも勝ち組だよ。耳の穴から流れ出てくる音でそのまま家が建つんだからさ。レコード会社も勝ち組だよな、みんなクリスマスのボーナスをもらうんだからさ」

「連中を好きな12歳児の女子どもも勝ち組だよ。好きなのが高じて大人になったらメンバーの一人にフェラすることになるかもしれないんだからな。全員勝ち組で敗者はいないんだよ。唯一負けてるのは俺みたいな間抜けで、朝の9時半に子供たちを学校に送っていくと、車の中でかかるラジオでワン・ダイレクションがブロンディの曲をなぶり殺しにしてるんだ」

  ノエル一流の皮肉がいい味出してるとおもいませんか。

 

そして第一位は…

 

f:id:AmberFeb:20131207224649j:plain

 

第1位 リアム「ダフト・パンクはヘルメットを脱げ!」

「あんな曲(”ゲット・ラッキー”)俺なら30分で書けるぜ。ダフト・パンクがなんであんなに騒がれてるのか俺にはさっぱり解んねえよ。ファック・オフ!冗談もいいかげんにしろ!って感じだな。ああいう自分の素性を隠すような奴らは信用しねえことにしてるんだ。ファッキン・ヘルメットを脱げ!ってんだよ。てめえらの名前がどこの何某でもいいけど、とりあえずヘルメットの下の顔を見せろ!ってんだ。」

 1位は間違いなくこれっすねー。説明不要でしょ。禁忌に触れてる観がぱねえ。これからも精神年齢低めでがんばってください!

 

 

 追記

2014年のギャラガー兄弟の軌跡はこちら。

ギャラガー兄弟の暴言で振り返る2014年―解散はつらいよ - 宇宙、日本、練馬

 

 

ランダム・アクセス・メモリーズ

ランダム・アクセス・メモリーズ

 

 

 

モーニング・グローリー

モーニング・グローリー

 

 

 

広告を非表示にする