読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

恐竜大決戦!―『ジュラシック・ワールド』感想

映画

Jurassic World

 

 『ジュラシック・ワールド』を3D吹き替え版でみました。いやー、とても楽しかったです。以下で適当に感想を。ネタバレが含まれます。

 パニックホラーと怪獣バトル

 恐竜を蘇らせたテーマパーク、「ジュラシック・パーク」開園前に起きた事件から22年後。その島には新たに同コンセプトの恐竜テーマパーク、「ジュラシック・ワールド」がオープンしていた。科学の進歩は恐竜たちを見事に管理していたかに思われたが、新たに観客を呼び込むための新種を創るという試みが、その秩序に大きな破局をもたらそうとしていた。偶然パークを訪れていたザックとグレイ兄弟、その叔母でパークを管理するクレア、そして彼女の元恋人でラプトル(ヴェラキロプトル)を手なずけた男、オーウェンは、生存と事態の収拾のため奔走する。

 長ったらしい前置きなどすっとばし、開始数分で兄弟が「ジュラシック・ワールド」に到着するスピーディな展開に、本作の演出の特徴は端的にあらわれているように思われた。無駄は一切なしだぜと言わんばかりにすぐさま兄弟を恐竜の世界に招き入れて楽しませ、そして破局が起こった後はひたすら混乱と逃げ惑う人間たち、そして対応する主要人物たちを映し続ける。その様を見ているだけで、「うわぁ~たのしいよぉ~」って感じで。1作目『ジュラシック・パーク』よろしく恐怖演出も巧みで、絶妙な間とお約束のびっくりの按配がひたすら心地よい。

 そんな1作目のセルフリメイク的な楽しいパニックホラーかと思いきや、クライマックスにいたって怪獣映画に変貌し、『ジュラシック・パーク』に期待していたものを遥かに超える超絶楽しい展開が始まる。これは怪獣大決戦じゃないか!まさか恐竜が人間をぱくぱくするだけじゃなく、恐竜同士のガチ対決がみられるとは思ってなかったので、これは大変楽しかったです。

 そのラストバトルは『ジュラシック・パーク』の構図を反転させて再演する演出が心憎く、しかもそれでいて「自然は人間には御しきれない」という思想もまた別様にアップデートされていてお見事、という感じ(えらそう)。

科学も自然も御しきれない

 本作の敵は人間の作り出した異形の恐竜、インドミナス・レックス。赤外線探査を逃れ、脱走のために小細工まで弄することができる知能をもち、殺戮自体を楽しむ、もう最強の外道。ハンニバル・レクターもかくやというこいつが、人間の生み出したものであるにも関わらずその管理を逃れる、というのはなんというか示唆的だなというか。1作目の『ジュラシック・パーク』においては、管理しきれないのはあくまで自然だったという印象があるんですが、現代ではもう科学すら人間の手を離れて暴走しかねない、みたいな感じで背後にある思考がアップデートされてる感が。

 その人間の生み出したモンスターに真正面から立ち向かい、そして喰らうのが、武装した人間なんかではなく自然の象徴たる恐竜たち、というのもなるほどなあと。カオス理論なんかことさらに強調せずに自然的なるものの強靭さを主張するにはこれ以上ないうめえ展開であるなあと思いました(えらそう)。

 

 そんな感じでしたが、とにかく楽しかったです、はい。

 

関連

  この前みた1作目感想。恐怖演出と裏腹のお行儀のいい物語の展開はやっぱり重なるよなーという印象。

  壁をぶち破ったモンスターがひとをぱくぱく食べる......?あれ......?

 

 

 

 

 

【作品情報】

‣2015年/アメリカ合衆国

‣監督:コリン・トレボロ

‣脚本:リック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、コリン・トレボロウ、デレク・コノリー

‣出演

  • オーウェン・グラディ - クリス・プラット、日本語吹替 - 玉木宏
  • クレア・ディアリング - ブライス・ダラス・ハワード、日本語吹替 - 木村佳乃
  • ザック・ミッチェル - ニック・ロビンソン、日本語吹替 - 内山昂輝
  • グレイ・ミッチェル - タイ・シンプキンス、日本語吹替 - 松岡茉優
  • カレン・ミッチェル - ジュディ・グリア、日本語吹替 - 魏涼子
  • スコット・ミッチェル - アンディ・バックリー 、日本語吹替 - 根本泰彦
  • ロウリー・クルーザース - ジェイク・ジョンソン、日本語吹替 - 小川剛生
  • ザラ・ヤング - ケイティ・マクグラス、日本語吹替 - 川庄美雪
  • ヴィヴィアン(ヴィヴィ)・オキアミ - ローレン・ラプクス、日本語吹替 - たかはし智秋
  • バリー - オマール・シー、日本語吹替 - 安元洋貴
  • ヘンリー・ウー - B・D・ウォン、日本語吹替 - 近藤浩徳
  • サイモン・マスラニ - イルファーン・カーン、日本語吹替 - 大塚芳忠
  • ヴィック・ホスキンス - ヴィンセント・ドノフリオ、日本語吹替 - 石塚運昇
  • カタシ・ハマダ - ブライアン・ティー、日本語吹替 - 野沢聡
  • ジミー・ファロン - ジミー・ファロン、日本語吹替 - 藤森慎吾
  • ジャイロスフィアのオペレーター - マーティー・カルバロプリー、日本語吹替 - 中田敦彦
  • ミスター・DNA - コリン・トレボロウ、日本語吹替 - 江原正士
  • インジェン社のコントラクター - マイケル・パパジョン
  • ニック - エリック・エデルシュタイン
  • 若いラプトル調教師 - コルビー・ブースマン・シェパード
  • ハル(ハロルド)・オスタリー - ジェームズ・デュモン、日本語吹替 - 麦人
広告を非表示にする