読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

このブログについて

 このブログで扱おうと考えているトピックは、主に映画、アニメ、読書の3つである。それぞれどのように扱うのか、簡単に述べておこうと思う。

 

映画

 映画については、見た後にどんなこと考えたのかを書き留めたいと思う。あらすじなどは取り立てて書くつもりはないが、基本的にネタばれ全開になるだろう。

 僕は素人なので、映像などの技術を論じるつもりはないし、できないだろうから、作品のテーマ・メッセージ性に言及するか、魅力的だと感じたことを書く形になると思う。

アニメ

 昨今流行の1話感想ではなく、基本的に全話を総括する形で、そのアニメについての考えを述べたい。着眼点は、映画と同様に作品のテーマ・メッセージもしくは魅力だ。つまり、「絵」よりは「物語」に重点が置かれるだろう。なぜ、1話感想でなく全話考察なのか。理由はいくつかある。

 まず第一には、素人による全話を射程に収めた考察が、あまりになされていないと感じるからだ。1話感想の流行によって、アニメを見る際のマクロな、全体を見る視点が相対的におざなりにされているのではないか。それは、アニメの楽しみ方のひとつがないがしろにされてはいないか。これが僕の問題意識である。

 加えて、僕自身がリアルタイムでアニメを追うよりは、BDやDVDで一気に見ることが多いことも理由のひとつである。

 

読書

 おそらくあんまり書かないと思う。

 

こんなスタンスで、じっくり続けていけたらと思う。

 

2015/03/29 追記

 こんな記事まで読んでいただき、誠にありがとうございます。多くの方にはどうでもいいことですが、自分にとってはそうでもないことを、一応ここに書いておこうと思います。年度末だしね。

 この記事の日付は、2012年3月4日。その日にまさに本ブログが書かれるようになった、とお考えになるのは極めて自然なことのように思われます。しかし本ブログはその日に作られ、最初の記事が投稿されたわけではありません。

 このブログをぼくが始めたのは、2013年8月1日。8月だし、なんか新しいことはじめよっか、的な軽い気持ちで書き始めました。そのことをはっきりと覚えています。でも、記事があんまりないのって正直かっこ悪いじゃないですか。そして開始したばかりの、同じ日付に何度も記事が投稿されているのはダサイ。かっこ悪いのもダサイのもいやだったので、過去の日付で記事を何度か書いてみたわけです。

 だから2013年8月以前の記事は、全部愚かにも暇を持て余していた2013年8月に書いたものなわけです。でもそうとは感じさせないように、文章は粉飾していると思いますが。

 

 さて、そんなことはさておき、2013年8月時点でのスタンスと、2015年3月現在のそれとでは、大きく変わったな、とこの記事を読み改めて感じます。正直、この記事の文章を読んでいると、あまりにも大上段にかまえていた過去の自分が恥ずかしく、こそばゆい気持ちになる。当たり前だけど、ネットで/ブログで文章を書く「構え」みたないものができてなくて、笑っちゃうくらい肩肘張ってる。もっと力抜けよって感じ。

 今はこのブログに書いている文章は、映画もアニメも本の感想も、全部自分のために書いている。その時その時の自分の思考やら感情やらを後から見返すために。いや、承認欲求が満たされるからとか、そういうのが全くない、といったら嘘になるけど。それがなかったらTwitterと連動なんてせず非公開でやればいいわけだからね。

 

今救えるのは、宇宙で私だけ。

  ってのは黒田硫黄の未完の名作『セクシーボイスアンドロボ』の主人公ニコの台詞だけど、多分その思考や感情をここに書き留められるのは、この宇宙の中で、今その瞬間のわたしだけ。だから書く。そういうつもりでやっていこうと。これもなかなか大上段に構えてる感じがすんなあ。つまり、まあ、備忘録ってことで。

広告を非表示にする