宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

『スタードライバー THE MOVIE』 まだ見ぬ空のその先へ

f:id:AmberFeb:20130814022106j:plain

 

 新宿ピカデリーにて『スタードライバー THE MOVIE』を鑑賞。スタドラと劇場という場で改めて再会することができたことに感謝。基本線は総集編だったが、新規パートの戦闘シーンは素晴らしかったし、なによりラストの台詞に痺れた。

  冒頭で始まるのはいきなり本編の後日談。サイバディが現実の空間を跋扈する光景はかなり新鮮で、しかもかなり作画に力が入っていてもうこれだけで満足という感じ。パンフによると、中村豊氏が一部カットを手掛けているようで氏のファンとしては感涙であった。

 本編は総集編だったが、大画面で見ると改めてTVシリーズの作画が高レベルだったかがわかる。大画面で見ても全く遜色がない。音響も、当然自宅で見るのとは比較にならない。映画というフォーマットの魅力を十分に味わえた。

 

 そしてED後にアバンパートの続きがあるのだが、ラストのセリフ、「人生という冒険は続く」は、改めて聞くとTVシリーズラストの「これとは違う、もっとすごい空を見るさ」と全く同じ意味内容を指すのだなと気付いた。言う人物やそのシニフィアンは異なるのに、シニフィエは全く同様なんて、全く粋なことをしてくれる。

 総括すると、全く大満足。素晴らしい時間を過ごさせてもらった。願わくば、「その先の空」が、また見れるといいな。

関連

「選ばれなかった者たち」の物語としての『STAR DRIVER 輝きのタクト』 - 宇宙、日本、練馬

学校と不可知の他者―『ブギーポップは笑わない』と『STAR DRIVER 輝きのタクト』における学校 - 宇宙、日本、練馬

傑作ロボットアニメの共通点―『天元突破グレンラガン』と『STAR DRIVER 輝きのタクト』 - 宇宙、日本、練馬


 


 

STAR DRIVER 輝きのタクト Blu-ray BOX

STAR DRIVER 輝きのタクト Blu-ray BOX

広告を非表示にする