宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

ゼロ年代から遠く離れて——テレビアニメ&アニメ映画ベスト10で振り返るゼロ年代

  昨年末に書いた以下の記事が存外多くの人に読んでもらえたので、せっかくなのでということでゼロ年代もテレビアニメ10本、アニメ映画10本の計20本で振り返っていきます。

黄昏と殺伐の時代の生存戦略——テレビアニメ&アニメ映画ベスト10で振り返る2010年代 - 宇宙、日本、練馬

 10年代振り返りは、その20本に託して時代の空気感みたいなものを書き記しておきたいという問題意識があったのですが、ゼロ年代においてその方向で何か語ろうとすると、どうにも大きな物語を無理くり捏造して振り返りをやらんと成立しないなという気がしたので、あくまで個人的な経験をひとまず物質化する、という方向で書きました。居直り的な「すきなもの」語りともいえます。

 ゼロ年代は既に遠く、後追いで視聴した作品も(10年代振り返りと比べて)多いです。特に劇場アニメに顕著。諸々の記憶が捏造されたものである可能性はぬぐえません。ともかく、テレビアニメから振り返っていきましょう。

テレビアニメ編

  以上。

第5話 マネキドリは謡う DECOY

  まず挙げたいのは、神山健治監督による攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX。中学生の時分、偶然深夜に日テレでの再放送を目にし、こんなアニメがあるのか!と度肝を抜かれたことを今でも思い出す。気の利いた、それでいて軽薄な感じのまるでしないセリフ回し、SF的なガジェットを活かして二転三転するドラマ、カチっときまったビジュアル、菅野よう子によるクールな劇伴、そのどれもが非常に鮮烈な印象を残し、はじめてアニメの制作者を意識したのがこの『攻殻SAC』であったといっても過言ではない、という気がします。今なおわたくしのオールタイムベスト級の作品であることに疑いはありません。

 神山健治監督は同シリーズ以外にも、『精霊の守り人』(2007年)、『東のエデン』(2009年)を手掛け、とりわけ後者は時代の空気を映している重要な作品とも思うし、羽海野チカのキャラクターデザインも含めたビジュアル面でも見どころも多く、愛着を深く感じているのだけど、一本選ぶなら『攻殻SAC』を選ばざるを得ないでしょう。

 中学生のころのわたくしが、およそ10年後に神山健治監督に直接質問をぶつける機会がくると知ったらえらい驚くだろうと思う。このオールナイト上映、思い出深いです。

「新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 68 『東のエデン』Special あなたが救世主たらんことを」神山健治監督、玉川砂記子さんトークショーレポ - 宇宙、日本、練馬

 ゼロ年代Production I.Gは劇場で見事な仕事を残した(それには後で触れることになるでしょう)わけですが、テレビシリーズでは小中千昭脚本の『神霊狩/GHOST HOUND』(2007年)などが印象深い。

涼宮ハルヒの憂鬱 ブルーレイ コンプリート BOX (初回限定生産) [Blu-ray]

 京都アニメーションというスタジオをわたくしが意識するするようになったのは、涼宮ハルヒの憂鬱(2006年)の衝撃による。チープな自主制作映画の上映から始まり、時系列のつながりが判然としないまま放映されるエピソードに翻弄されつつ、急いで原作を読破して、放映のたびにネットにかじりついてしょーもない雑談に明け暮れた当時のことを思い返すと、なんと不毛な時間だったか、という感慨とともに微かな懐かしさが喚起される。なんというか、インターネットでめちゃくちゃでかいムーブメントに乗っている!みたいな大いなる勘違いをしていた、ある種のお祭り感を呼び起こしたのがこの『涼宮ハルヒの憂鬱』という気がする。このころのインターネットは、あるいは社会はいまよりもっと気軽に馬鹿馬鹿しくて、暢気だった気がする。無論、現在に至るまで連綿と続くレイシズムの発露はこのころのインターネットには明確に存在したことを思えば、そうした感傷は捏造されたノスタルジアにすぎないのかもしれないけれど。あるいはわたくしが素朴に子どもだっただけなのかもしれない。

 京都アニメーションのフィルモグラフィにとっては、所謂美少女ゲームのアニメ化の流れに位置づくかもしれない『ハルヒ』よりも、より広い観客を得た『けいおん!』(2009年)が画期といえるのかもしれないが、日常と非日常の曖昧な縁で、非日常の魅力と日常の胚胎するおもしろみとを同居させたこの作品こそが、わたくしにとってはこのゼロ年代を象徴するものなのです。

鋼の錬金術師 Blu-ray Disc Box(完全生産限定版)

 漫画のテレビアニメ化といえば、『ONE PIECE』や『NARUTO』のように、あくまで原作に沿ったストーリーが展開され、時折(しばしば原作に追い付かないようにという配慮故に)アニメオリジナルのエピソードが挿入される、という形式しか知らなかったわたくしに、この鋼の錬金術師(2003-4年)のアニメ化は強烈な衝撃だった。原作の展開をおおよそなぞっていたかにみえたこのアニメは、途中からまったく異なる道筋をたどり始め、想像もつかない結末で締めくくられたのだ。原作および、後年のアニメ版しか知らない方は度肝を抜くこと請け合いのその展開についてはここでは書かないが、シリーズ構成の會川昇の個性が強く出ている(とわたくしなどには感じられる)その展開は、原作完結後の現在にあって、より「ありえたもう一つの結末」としての価値を増していると思う。

 いま見返しても、第1話の錬金術によって「物体がメタモルフォーゼすること」、あるいは主人公が「鋼の義肢を装着していること」の驚き、センス・オブ・ワンダーがこれ以上なく正しく伝えられていて、これほど原作の魂を見事に継承するアダプテーションがあろうかと感動を覚える。そうした原作への深い理解あってこそ、あそこまで自由に「もう一つの結末」を語り切れるのだろう、と。また、大島ミチルによる劇伴は冴えに冴えていて、メインテーマ「帰路」、挿入曲「БРАТЬЯ(ブラーチャ)」などの圧倒的な風格といったら!

 

DARKER THAN BLACK-黒の契約者- Blu-ray BOX

 『鋼の錬金術師』を手掛けたボンズは、ゼロ年代にいくつも印象的な仕事を残したが、とりわけDARKER THAN BLACK -黒の契約者-(2007年)を推したい。友人に強く勧められ、その時は魅力があんまりわからなかったのだが、ポスト『ボーン・アイデンティティー』的な(本当か?)派手さのない能力者の暗闘と、そうした血なまぐささと同居する日常のよしなしごとの綾のようなものを丁寧に積み重ねていく作劇と、岩原裕二によるマンガ的なキャラクターとリアルな薄暗い東京とが奇妙にマッチしたビジュアルが、今は大層好きである。作り手は『傷だらけの天使』(1974-5年)のようなものを目指して企画したと語っているが、SF的なガジェットを駆使した単発のドラマを積み上げていく構成は、『攻殻SAC』の後継者のような味わいもあったと思う。ラストの展開はある種の(アンチ)セカイ系といえるのかもしれず、ある種の時代の空気へのアンサー感もある。

 ボンズの仕事として、『エヴァ』の先に突き抜けようとする気負いみたいなものを随所に感じる『ラーゼフォン』(2002年)、『交響詩篇エウレカセブン』(2005-6年)のような尖ったロボットアニメや、中村豊によるアクション作画が要所要所を引き締めた『ソウルイーター』(2008-9年)、五十嵐卓哉榎戸洋司による『桜蘭高校ホスト部』(2006年)など、いろんなジャンルで印象的な作品があるなあと思う。原作ものの『ソウルイーター』も『桜蘭高校ホスト部』も、『鋼の錬金術師』と同じくちゃんと(原作とは別の仕方で)アニメ独自で結末を語っているのがえらいですね、こう振り返ると。

 

旅の終わりに僕らは出会う

 制作スタジオでいえば、ゼロ年代GONZOはなんというかある種の自信みたいなものが作品のなかにみなぎっていたなあと思う。佐藤順一監督『カレイドスター』(2003-4年)、千明孝一監督『LAST EXILE』(2003年)、松尾衡監督『RED GARDEN』など多士済々という感じだが、前田真宏監督巌窟王(2004-5年)の鮮烈なビジュアルは、15年の時を経た現在でも未だ唯一無二の魅力を誇っていると思う。シンプルな線で描かれたキャラクターに、きらびやかなエフェクトを重ねてゴージャスなルックを演出している(ように思われる)この方法は、見事な発明だったのではないでしょうか。

 前に挙げた三作もそれぞれ代えがたい魅力のある作品だと思っていて、こうしたある種の作家性が発揮できる場として、当時のGONZOはあったのだろうか、と推察したりする。

 

メガネの子供たち

 ビジュアルという点においては、磯光雄監督電脳コイル(2007年)はゼロ年代屈指の作画アニメとして挙げておかねばならないでしょう。シンプルな線で描かれたキャラクターの丁寧な芝居と見事なアクション、これがテレビシリーズのクオリティなのかと今見ても驚く。ノスタルジックな背景とSFガジェットとが見事に調和し、我々がいつのまにか忘れてしまったもの(そして往々にして「忘れてしまった」ということすら意識しないもの)を痛切に喚起するドラマもまた、現代性と普遍性とが矛盾なく同居する、素晴らしい仕事だと思います。

 

天元突破グレンラガン COMPLETE Blu-ray BOX(完全生産限定版)

 作画でいったら、今石洋之監督天元突破グレンラガン(2007年)も強い印象を残す。作劇のインフレーションと呼応するようにテンションをぶち上げていく作画の強烈な勢いは、テレビシリーズ初監督作ゆえの気負いみたいなものが極めてポジティブに作用した結果なのかもしれない、と思う。今石洋之中島かずきのタッグは、10年代の『キルラキル』、『プロメア』と続くが、どれも本作を上回るボルテージは獲得しえなかった、と個人的には感じていて、それはその二作品に足りないものがあるというより、この『天元突破グレンラガン』があまりに強烈で過剰だったからではないか、という感じがする。あるいは錦織敦史のキャラクターデザインの魔力ゆえか。

 

 

コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)

 『天元突破グレンラガン』以外にも、ゼロ年代のロボットアニメは多様で豊かだったといっていいと思う。先に挙げたボンズの『ラーゼフォン』・『交響詩篇エウレカセブン』はもとより、ハイテンションな台詞回しと大胆なアクションでシベリアの荒野を疾走した富野由悠季監督『OVERMANキングゲイナー』(2002-3年)、菅野よう子の器用さの光る劇伴が白眉の『マクロスF』(2008年)、エンディングの挿入タイミングが神がかり的だった(気がする)『機動戦士ガンダムSEED』(2002-3年)や馬鹿馬鹿しく響いた「俺がガンダムだ」に最後は胸が熱くなる『機動戦士ガンダム00』(2007-8年)など、メジャーどころを挙げていくだけでもきりがないが、とりわけ見事に「時代と寝た」感のあるコードギアス 反逆のルルーシュ(2006-7年)をここでは挙げたい。

 毎度毎度の引きの素晴らしさはテレビシリーズという形式の特性を熟知した職人芸の域。ほどほどのエロスと適度にショッキングなバイオレンスで深夜アニメ的な期待を満たす一方、こちらの「革命」への期待を見事に裏切ってみせた1期のラストに当時はやや憤ったが、いまとなってはその計算された大胆不敵さに当時のわたくしなどはまさに掌の上でいいように転がされていたのだなと思う。

 谷口悟朗ゼロ年代は、キャラクターの魅力と迫力とが際立つ『スクライド』(2001年)、幸村誠の叙情感ある原作を換骨奪胎してみせた『プラネテス』(2003年)、ドライさと情感とが同居した痛快娯楽復讐ロボットアニメ『ガン×ソード』(2005年)など、大変実りの多いものだったと思う。いずれも甲乙つけがたい作品ではあるが、「狙ってホームランを打ってみせた」感のあるこの『コードギアス』をここでは挙げた。

 

サムライチャンプルー BOX [Blu-ray]

 渡辺信一郎監督サムライチャンプルー(2004年)は、時代劇というフォーマットに則った剣劇アクションの秀作。琉球出身の流れ者と師匠殺しの剣士という「異端者」を主役に据え、またいくつもの挿話で(おそらく極めて自覚的に)社会の周縁に生きた人々にフォーカスをあてたという点で、『もののけ姫』と同じく網野善彦の影響下にあり、ある種の時代の空気を濃厚に吸収していると感じる。

 おおむね一話完結の挿話を積み重ねていくフォーマットは同監督の『カウボーイビバップ』(1998年)の反復・変奏という趣もあるが、中澤一登のデザインによるキャラクターの色気と、奔放さと論理性とが同居する剣劇アクションの冴え、そして野球回に象徴される無法な馬鹿馬鹿しさのごった煮的な味わいは、本作独自のものだろう。

 いまはもうないマングローブの仕事としては、『Ergo Proxy』も物凄い尖り具合だったなと思う。

 

バッカーノ! Blu-ray Disc BOX

 10本目として挙げた『BACCANO! -バッカーノ!-』(2007年)は、クエンティン・タランティーノガイ・リッチーの影響を濃厚に感じさせる成田良悟による原作のアニメ化。原作のファンであったわたくしは、WOWOWノンスクランブル枠での放送をリアルタイムで毎回楽しみにしていました。三つの時系列の出来事が並行して語られる構成で、とりわけ冒頭2話は時系列の錯綜具合もあり原作未読の視聴者を振り落としたような気もするが、その後はかなり素直な構成で、原作の狂騒ぶりがよく表現されていたと思う。その底抜けの明るさと能天気とを、ゼロ年代のある種の象徴としてもよいかもしれない。

 10年代には同じく成田良悟による『デュラララ!!』(2010年)もほぼ共通のスタッフでアニメ化され一定の支持を得ていたように記憶しているが、2015-6年放映の2期は水準は維持されていたにもかかわらず不発気味だった気がする。それはゼロ年代からの隔たりと相関しているのではないか、とやや思う。

 原作の挿絵担当のエナミカツミのキャラクターを、岸田隆宏がよく咀嚼してリファインしていて、それも本作の魅力だった。ゼロ年代の岸田の仕事として、赤根和樹監督『ノエイン もうひとりの君へ』(2005-6年)も印象深く、優れたSFジュブナイルものである同作をベスト10に入れられなかったのは痛恨であります。

 

 『ぱにぽにだっしゅ!』(2005年)『化物語』(2009年)などのシャフトの仕事や、佐藤竜雄監督『学園戦記ムリョウ』(2001年)、長濵博史監督『蟲師』(2005-6年)など触れられなかった作品も多いが、劇場アニメ編に続きます。

 

アニメ映画編

 

千と千尋の神隠し [DVD]

 まだ幼い時分にこの千と千尋の神隠し(2001年)と遭遇し、交通事故的に衝撃を受けた同世代の人間は数知れないのではないか。しばしば脚本が破綻をきたしていると指摘されるが、ロジックをはるか越えて、天才の「描きたい場面」が徹底して連続する確信的な横綱相撲ぶりは、少年少女に映画館という異界の異界ぶりを体感させる、ある種の教育であったのだろうと思う。昨年のリバイバル上映で、少年少女たちがまたトンネルの向こうの異界に連れ去られ、そして帰還したであろう。久石譲の大仰でメロディアスな劇伴に乗せて、車が郊外の住宅地を走る冒頭からすでに奇妙な異化効果が働いていてビビる。

 宮崎駿ゼロ年代は、『ハウルの動く城』(2006年)、『崖の上のポニョ』(2008年)と続くが、一作選ぶなら『千と千尋の神隠し』で間違いないでしょう。50年、100年と残るマスターピースだと思います。

 

イノセンス スタンダード版 [DVD]

 衝撃度でいえば、押井守監督『イノセンス』(2004年)も強烈であった。結構日テレでCMなど流れていて、いかにもマスに訴えようとする広報戦略が取られていた気がするが、よくこの映画をそういうふうに売ろうと思ったなとなるし、しかしまあ10年以上の時を経てもProduction I.Gの石川社長に制作費の回収できてなさをなじられるレベルで、錚々たるスタッフを集めて絢爛豪華なこの伽藍を打ち立てたものだと思う。「好き放題できる」ことをこれ以上なく活かして好き放題した結果生み出された、絶後の一作。わたくし自身は劇場ではなくDVDでみたのだけど、それでも『GHOST IN THE SHELL』(1995年)が親切に思えるほどの衒学ぶりに頭を殴られたような衝撃があったことを覚えています。

 この『イノセンス』の圧倒的にリッチな作画世界は未だまったく古びていないと感じますが、ゼロ年代Production I.Gは、『人狼 JIN-ROH』(2000年)、『BLOOD THE LAST VAMPIRE』(2000年)など、リアル系作画のほとんど臨界みたいな作品を手掛けていて、それが一つの個性だったのかと思う。

 押井守は『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』(2008年)以来劇場アニメは手掛けていないが、どうなんでしょうね。

 

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

 『新世紀エヴァンゲリオン』(1995年)には乗り遅れてしまったわたくしたちの世代も、もしかしてリアルタイムでまったく新たな『エヴァ』を体験できるのか、という感慨めいたものが去来したのは、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』(2009年)を劇場でみた直後であった。当時はとにかく綾波を助けることができたんだと(自分が助けたわけでもなんでもないのに)奇妙な達成感を覚えていて、その裏で「世界が終わる」事態が進行していることにはそれほど頓着していなかった。その能天気さは『Q』で冷や水を浴びせられるわけだが、むしろそうした楽天的な読みを許容する空気感みたいなものも、確かにあったのではないか、という気もする。いまとなっては確かめようもないことだけど。

 この『破』は公開当時狂ったように劇場に足を運んだ(それでもたかだか8回程度だけど)。片道1時間、自転車を漕いで平日のレイトショーに通っていたので、家族を大いに不審がらせたことだろう。そういう意味でも個人的に思い出深い映画です。

 

時をかける少女

 ゼロ年代という時間は、細田守という監督が大いに飛躍したディケイドでもあった。ジャンル映画的な快に満ちた『劇場版デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム!』(2000年)に始まり、伝説ともいえる『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!』第40話「どれみと魔女をやめた魔女」(2002年)、今なお原作への見事な批評として読める、怨念に満ちた『ONE PIECE THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』(2005年)を経て、この時をかける少女(2006年)で一気にその名を広く知らしめた、と要約できるだろうか。『ハウルの動く城』をめぐるごたごたなど、当時のわたくしは知る由もなかったが、そうした挫折を経てこの作家は何か大きなものを得たのかもしれない、とも思う。

 筒井康隆による原作(および先行する実写化)の形式を借り受けつつ、「どれみと魔女をやめた魔女」を新たに再話してみせたこの映画は、ある種の職人としての演出家の仕事ぶりが発揮されていると感じる。それは10年代の細田のフィルモグラフィが、職人というよりは作家のような調子に近接していくことと対照をなしているとも思う。

 その後、2009年公開の『サマーウォーズ』では『ぼくらのウォーゲーム』のセルフリメイク的な調子で、『エヴァ破』に熱狂していた当時のわたくしはフーンって感じだった。

 

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者

 先に触れたテレビ版『鋼の錬金術師』の完結編たる劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者(2005年)も、ゼロ年代を代表する一本として挙げておきたい。脚本の會川昇による「戦後」という主題系の反復は、10年代の『UN-GO』『コンクリート・レボルティオ』と続くが、この劇場版は2010年に完結した原作とは全く異なる、オルタナティブな結末をもつ点に大きな価値がある。「家族」と暮らす「故郷」の回復によって終わる原作に対して、『シャンバラ』は「故郷」を喪失した人々と共に旅に出るシーンが結末となっている。兄弟の長い旅路がこうした複数の可能性を持ちえた、そのこと自体がなんというか喜ぶべきことのような気がしている。

 

ストレンヂア -無皇刃譚- [Blu-ray]

 ボンズの仕事として、ストレンヂア 無皇刃譚』(2007年)を外すわけにはいかない。『サムライチャンプルー』と同様に異端者たちが主役ではあるが、こちらはそれほど網野っぽくはない(気がする)。中村豊が原画をつとめたクライマックスは言うに及ばず、剣劇アクションは冴えに冴え、むき出しの暴力が肉をそぎ命を絶つ殺伐さが徹底されていて素晴らしい。

 ボンズのアクションアニメでは、『カウボーイビバップ 天国の扉』(2001年)も強く推したいところですが、泣く泣く外しました。

 

パプリカ

 振り返ってみると、今敏の監督としての仕事はゼロ年代に集中してるのだな、と気付かされる。『千年女優』(2002年)、『東京ゴッドファーザーズ』(2003年)と丁寧かつゴージャスな作画に強い魅力を感じるところだが、『パプリカ』(2006年)がやはり到達点だよな、と思う。『インセプション』よりすごくないすか?実際。

 

秒速5センチメートル

 『ほしのこえ』(2002年)で監督としてデビューした新海誠は、ゼロ年代においてはミニマルでプライベートな手触りの作品によって独自の地歩を築いていた、というと本当にゼロ年代から遠くにきたな、と思う。背景美術がキャラクターを圧倒する存在感を放つ秒速5センチメートル(2007年)は、感傷的で凡庸なドラマとあいまって、今後も新海的なものの一つの達成として参照され続けるのではないでしょうか。

 公開当時は存在をしる由もなく、ネットで話題になってからDVDをみたんだろうと思うのだけど、昔ながらの新海ファンは売れに売れてしまった現在の新海をどう思ってるんだろうか。

 

映画クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲

 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』(2001年)が公開されてから20年が経つというのに、この列島は未だオリンピックだ万博だと昭和の夢を捨てきれないオトナたちが揚々としているのだから恐ろしい。昭和懐古ブームの象徴たる『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005年)に先行しているこの映画が、すでにそうした昭和ノスタルジーを批評し相対化する眼をもっていることに、後世の人々は驚くんじゃないか。

 

劇場版「空の境界」 俯瞰風景 【通常版】 [DVD]

 最後に、空の境界 第一章 俯瞰風景』(2007年)を挙げておこう。奈須きのこによる原作を7部作でアニメ化したこの企画は、10年代の『機動戦士ガンダムUC』やその他もろもろの劇場連作企画の走りという気もするし、またufotableにとっては『Fate/Zero』や『鬼滅の刃』に続く異能バトル路線の原点といえる作品であるという気もする(それはまた『がくえんゆーとぴあ まなびストレート!』のufotableという路線が断念されることにもつながったのかもしれない)。

 奈須きのこの作家性が強烈に発揮されていて、作品としてのクライマックスにあたるのは『第五章 矛盾螺旋』であり、相当気合が入った挿話とも思うが、退屈さをいとわず、押井守的な目線で不気味な都市を切り取ってみせ、その後に続くエピソードの演出を決定づけたといっていいこの『俯瞰風景』をセレクトした。

 

 以上、劇場10作品を選びました。公開年の偏りが顕著にみられて、自分でもやや驚きがありました。『アリーテ姫』、『鉄コン筋クリート』、『マインドゲーム』のSTUDIO 4℃の仕事はすっかり抜けてしまったし、また「テレビアニメと劇場アニメ」というくくりだと『FLCL』が選べねえじゃねえか!と後で気付いたが後の祭り。OVAで10本選ぶ根性はありません(10年代ってOVAという形式が劇場でのイベント上映に完全に食われてたんだなと今更気付く)。

 

 10年代とゼロ年代を振り返ってきましたが、わたくし個人がリアルタイムでのフィクション経験をぎりぎり語れるのはこの20年です。90年代はできない。思い返すと、2010年に上京しているので、そういう意味で個人史的にもゼロ年代と10年代ははっきり切断されているのですよね。ゼロ年代のある種の多幸感と10年代の殺伐という(とりわけ10年代回顧の記事で表明した)対比も、そうした個人史的なものと分かちがたく結びついているのかもしれません。

 というわけでこの二つの記事のなかに、わたくしのいま・ここにおける趣味嗜好・それを形作ってきたアニメにかかわるフィクション経験はおおむね書き込まれているという気がします。その意味で、いまこういう風に振り返ってみたことは、自分にとってよかった、と思う。みなさんも気が向いたら振り返ってみるとよいのではないでしょうか。はい。

 

関連

 

amberfeb.hatenablog.com

 

 

amberfeb.hatenablog.com

 

 

amberfeb.hatenablog.com