宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

2021年の回顧(と展望)

 2021年は、何もする気がおきなかったり、うまく頭がはたらかなかったりする時間が例年になく多かった気がします。それはオリンピック強行に象徴されるような政治の無茶苦茶ぶり、あるいはそれをめぐるほとんど宗教戦争のようなありさまに心底うんざりしていたからかもしれません。でも、それでも人生とか社会とか世界とかを、いまよりよくしようとする意志は捨てちゃならないと思うので、なんとかやっていきたいです。

昨年のふりかえりはこちら。

2020年の回顧(と展望) - 宇宙、日本、練馬

 2021年新作映画ベスト10

  1. 『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』庵野秀明総監督)
  2. 『サイダーのように言葉が湧き上がる』イシグロキョウヘイ監督)
  3. 『ノマドランド』(クロエ・ジャオ監督)
  4. 『偶然と想像』濱口竜介監督)
  5. 『最後の決闘裁判』リドリー・スコット監督)
  6. 『ドライブ・マイ・カー』濱口竜介監督)
  7. 『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』村瀬修功監督)
  8. 『劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト』(古川知宏監督)
  9. 『ラストナイト・イン・ソーホー』エドガー・ライト監督)
  10. 『唐人街探偵 東京MISSION』(チェン・スーチェン監督)

 2012年の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』から9年、制作上の紆余曲折とコロナ禍によって公開が伸びに伸びてようやく今年3月8日に公開された『シン・エヴァンゲリオン劇場版𝄇』は、おそらく空前にして、絶後の仕方でつくられたアニメであることに疑いはない。疑いはないが、しかし同時に、ありえたかもしれない別の『シン・エヴァンゲリオン』についてとめどなく思いを巡らせてしまいもする。メタな文脈を導入せず『新劇場版』というまとまりとして過不足なく完結してほしかった。『EUREKA』の村木靖によるメカアクションをみて、このレベルの作画で躍動するエヴァンゲリオンがみたいと思った。しかし、『新世紀エヴァンゲリオン』以来、四半世紀にわたって続いてきたキャラクターのドラマの完結、それに立ち会えたということ。『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』にぶっ飛ばされたわたくしの人生に、ひとつの区切りをつけてくれたこと、そういう諸々があるので、2021年の1本としてこれを選ばないのはわたくし自身の2021年への裏切りだろう。よって1位!です。『破』を8回、『Q』を5回劇場でみて、この『シン』は結局10回足を運びました。もう人生でそんなに同じ映画を見に行くことはないでしょう、たぶん。

 『サイダーのように言葉が湧き上がる』は、「なにもない」場所であってもそこに鮮やかに意味を見出していけるじゃんみたいなことを、スマートに教えてくれる素晴らしい映画でした。かつての自分がなんか救われたような気になったという意味で、代えがたい魅力がありました。

 一方で『ノマドランド』はその対極ともいえるような気がして、アメリカという大地の未来や希望のなさを写し取り、しかし現在という場所を未来や希望などなしになんとか支える何かが映っている、とんでもないものを見せられた体験でした。

 『ドライブ・マイ・カー』『偶然と想像』濱口竜介監督の新作を2本もみられるとは、幸運というほかないでしょう。『ドライブ・マイ・カー』はこれまでのフィルモグラフィの記憶を喚起するベスト盤のような調子でしたが、コロナ禍によって頓挫したと聞く韓国ロケが敢行できていたら、もっと強烈なロケーションが画面に現れていたのでは...と思うのだけど、ほんとうにリッチな時間を過ごしたことは確かです。しかし、長編を撮るたびに『ハッピーアワー』と比較されてしまうことの恐るべき不幸よ。短編集の『偶然と想像』のほうが『ハッピーアワー』の感触が強くて、惹かれるところ大でした。

 リドリー・スコットが健在ぶりを大いに示した『最後の決闘裁判』は、中世の暗闇のなかに我々自身が生きる世界が見出される、極めて現代的な歴史劇。かつて自身が『キングダム・オブ・ヘブン』で気高く価値あるものとして表象してみせた西洋中世を、こういう仕方で再表象してみせたのは、ある種の責任の取り方だろうか。その姿勢は『ラストナイト・イン・ソーホー』とも重なるかもしれません。

 実写映画の空気を存分に吸ってアップデートし、巨大な物体が高速で動く空間をスタイリッシュに演出した『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』は、今後のロボットアニメのメルクマールになりうる快作。アムロ・レイにもシャア・アズナブルにもなれない、歴史が終わったあとの半端者でしかない男の物語をいかに語るか、というのは極めて興味深い課題だと思います。

 TV版の類型的なキャラクターが「ほんと」だと思ってた?と我々を挑発する『劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト』は、あまりに堂々たる無法ぶりだったのでわたくしの負け。

 『唐人街探偵 東京MISSION』はとにかく日本列島のコンテンツに親しんだ人間がめちゃめちゃ楽しくなれる映画なんで、みなさんみてくれ。

 特に上半期、全然劇場に行けなかったので見逃した作品も多いんですが、こんな感じです。

2021年みた映画まとめ

計35本。

自宅視聴まとめ

メモした限りでは17本。ぜんぜんみてないわね。

 

2020年にみたアニメ

含再見。『新世界より』、『モブサイコ100』、『アイマス』等々、2010年代の落穂拾いをやや進めました。今年のアニメでは『オッドタクシー』はまじ負けましたという感じ。

2020年の10冊

読書メーターによると、こんな感じだったそうです。
読んだ本の数:126冊
読んだページ数:36910ページ
ナイス数:1297ナイス

各月のまとめ

 思ってたより映画みられなかったし本も読めなかったんですけど、あきらかにゲームにうつつを抜かしてたせいですね。『FF15』と『ペルソナ5 ザ・ロイヤル』はクリアできてよかったっす。

 今年は全然文章書けなかったんですけど、2022年こそは...という気持ちでいます。2019年の暮れから構想中の『氷菓』論、どうにかかたちにしたいですね。アニメ放映から10年(10年!)の節目ですし。