宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

アスガルド、その血塗られた故郷――『マイティ・ソー バトルロイヤル』感想

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(原題: Thor: Ragnarok)をみましたので感想。

壁は壊れスパイは分裂する――『アトミック・ブロンド』感想

『アトミック・ブロンド』をみましたので、感想。

悲劇の英雄の死と復活――映画『氷菓』感想

映画『氷菓』をみました。以下、感想。

2017年10月に読んだ本と近況

ぎりぎり生きている。 先月のはこちら。 2017年9月に読んだ本と近況 - 宇宙、日本、練馬

人の造りし絶望と奇跡――『ブレードランナー 2049』感想

『ブレードランナー 2049』をみました。度肝を抜かれた。以下感想。

侵されてゆく日常――『Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower』感想

『Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower』をみました。以下感想。

ゲームのためのゲーム――小川哲『ゲームの王国』感想

小川哲『ゲームの王国』を先日読みましてめちゃくちゃ面白かったんですが読んで読みっぱなしになってたので一応感想書き留めておきます。

老いとヒロイズム――『アウトレイジ 最終章』感想

『アウトレイジ 最終章』みたので感想。

響け、まだ見ぬ彼方に――『劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜』感想

『劇場版 響け!ユーフォニアム〜届けたいメロディ〜』をみました。以下感想。

2017年9月に読んだ本と近況

そこそこ元気です。 先月のはこちら。 2017年8月に読んだ本と近況 - 宇宙、日本、練馬

苦悶するゾンビ、哄笑する吸血鬼――『新感染 ファイナル・エクスプレス』感想

『新感染 ファイナル・エクスプレス』をみました。評判に違わぬおもしろさで大変良かったです。以下感想。

不自由で自由なドライヴ――『ベイビー・ドライバー』感想

2週間ほど前に『ベイビー・ドライバー』をみまして、これは完璧な映画すぎて語る言葉を用意できねえなとなってたんですが、せっかくなので感想を書いておきます。

総力戦の経験――『ダンケルク』感想

『ダンケルク』をIMAX・字幕版でみました。期待以上のやつでぶっとびました。以下、感想。

2017年8月に読んだ本と近況

最高の夏。 先月のはこちら。 2017年7月に読んだ本と近況 - 宇宙、日本、練馬

ラジオの得難いささやかさ――『きみの声をとどけたい』感想

『きみの声をとどけたい』をみました。今日から上映だってのを知ったのが先週『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をみたときの予告だったんですが、見逃さなくてよかったです。以下感想。

神々の時代から人の時代へ――『ワンダーウーマン』感想

『ワンダーウーマン』を2D字幕版でみたので感想。

三日間本州半周

青春18きっぷというものがあり、破格の値段に導かれてそれを購入してしまったものは燃え尽きるまで走り続けなければならない宿命を背負うといわれる。

平べったい夏のまぼろし――アニメ『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』感想

アニメ版『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』をみました。ファンタジックなエモーションと醒めた批評性が同居する不思議な映画だったなあと。以下感想。

何処にもない夏の風景――『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』感想

Huluで『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』をみました。アニメ版に向けての予習みたいな心持だったんですが、いやめちゃくちゃよかったです。以下感想。

マーベル世界のスパイダーマン――『スパイダーマン:ホームカミング』感想

『スパイダーマン:ホームカミング』を2D字幕版でみました。以下感想。

群馬台風旅行

先日は台風で列島の天気は荒れ模様って感じでしたが、僕は群馬に遊びに行っていました。以下、適当に旅行の記録を書き留めておきます。

2017年7月に読んだ本と近況

夏をあきらめないで。 先月のはこちら。 2017年6月に読んだ本と近況 - 宇宙、日本、練馬

壊れたブレーキと下り坂――『時をかける少女』と歴史の夕暮れ

細田守監督『時をかける少女』には、破局の予感が漂っている。それは時に成就し、あるいは繰り延べされ、そして作品世界の歴史全体を規定してもいる。

彼らを忘れた私たち、あるいはその帰還――『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』感想

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』をみました。以下感想。

魔法なき世界のために――『メアリと魔女の花』感想

『メアリと魔女の花』をみました。以下感想。

2017年6月に読んだ本と近況

ぎりぎりでいつも生きていきたい我々としてはな。 先月のはこちら。 2017年5月に読んだ本と近況 - 宇宙、日本、練馬

フィクションと事件の記録――塩田武士『罪の声』感想、あるいは『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』とグリコ森永事件

塩田武士『罪の声』を読んだので感想を書き留めておこうと思います。同作および『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の核心部分のネタバレが含まれますのでご留意ください。

類型と逸脱――『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』感想

このところ、原作をようやく最新刊まで読んだので、満を持してアニメ『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続』をAmazonプライムビデオでみていました。以下感想。

兵士たちの顔――『ハクソー・リッジ』感想

『ハクソー・リッジ』をみました。前評判に違わぬすさまじさ。以下感想。

アニメの外へ――辻村深月『ハケンアニメ!』感想

辻村深月『ハケンアニメ!』を読んだので、感想を書き留めておこうと思います。