宇宙、日本、練馬

映画やアニメ、本の感想。ネタバレが含まていることがあります。

その人生の唐突さ――『15時17分、パリ行き』感想

『15時17分、パリ行き』をみました。もうみてから1週間以上経ってるのであれなんですが、感想を書いておきます。

分かち持たれる傷、見出された祝福――『シェイプ・オブ・ウォーター』感想

『シェイプ・オブ・ウォーター』、みました。よい映画でした。よい映画でした。以下感想。

生きられる信仰、敗退する近代――マリオ・バルガス=リョサ『世界終末戦争』感想

世界の終わりの予感があったのでマリオ・バルガス=リョサ『世界終末戦争』を読んでいました。以下感想。

姫は悪い魔法使いを救えるか?――『アリーテ姫』感想

立川シネマシティの片渕須直監督特集上映で『アリーテ姫』をみました。初見だったんですが非常によかったです。以下感想。

スラム街の孤独な革命家――『ブラックパンサー』感想

『ブラックパンサー』を2D字幕版でみました。平均打率高めの近年のMCU作品のなかでも頭一つ抜けた快作だったように思います。以下感想。

2018年2月に読んだ本と近況

疾風怒濤。 先月のはこちら。 2018年1月に読んだ本と近況 - 宇宙、日本、練馬

フィクションは私たちを愛していた――『さよならの朝に約束の花をかざろう』感想

『さよならの朝に約束の花をかざろう』をみました。いや非常によかったのではないかと思います。以下感想。

最大のショーとまなざし――『グレイテスト・ショーマン』感想

『グレイテスト・ショーマン』みました。以下感想。

彼らの行方は誰も知らない――『スリー・ビルボード』感想

『スリー・ビルボード』をみました。以下感想。

2018年1月に読んだ本と近況

1月はあんまり元気じゃなかったな。 先月のはこちら。 2017年12月に読んだ本と近況 - 宇宙、日本、練馬

おれたちの斬魄刀――『ダーク・タワー』感想

『ダーク・タワー』をみました。予告に中二心を喚起され、rottenn tomatoesの点数の低さにビビりつつ見に行ったんですが、うん、まあ。以下感想。

「真実」の創生――『デトロイト』感想

『デトロイト』をみました。以下感想。

フィクションの記憶の場――『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』感想

『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』をみました。2期未見で行くという蛮行をやってしまったんですが楽しめてよかったです。以下、感想。

手渡された涙――『DEVILMAN crybaby』感想

Netflixで『DEVILMAN crybaby』をみました。全人類はみてください。以下感想。

麻薬王対組織暴力――『キングスマン: ゴールデン・サークル』感想

今年の劇場はじめは『キングスマン: ゴールデン・サークル』でした。めっぽう楽しかったです。以下感想。

2017年の回顧(と展望)

はい、というわけで2017年の総括という感じで。

2017年12月に読んだ本と近況

ギリギリでなんとか原稿を書いたという感じのあれでした。 先月のはこちら。 2017年11月に読んだ本と近況 - 宇宙、日本、練馬

歴史への借り――『Fate/Grand Order』雑感

今年の7月くらいから本腰入れてやり始めた『Fate/Grand Order』にドはまりしてしまいまして、時間と金銭を無法に搾取されています。しかしやっぱりおもしろかったんで、ここでいままでのところの雑感を記しておきます。

世界の終わり、20世紀のはじまり――プルースト『失われた時を求めて』感想

僕にとって2017年は、なによりもまず『失われた時を求めて』を読んでいた年として思い返されるのでは、と思っています。どこまで読めたのかというとそれは非常に疑問で、むしろこれから読み始めるといっても過言ではないわけですが、とりあえず感想を書き記…

(告知)コミックマーケット93 3日目にて個人誌頒布します

さきほどなんとかぎりぎり入稿できました。12月31日、コミックマーケット93 3日目、東6ホール、ト-48a、サークル「宇宙、日本、練馬」にて個人誌『京都アニメーションと私たちの居場所 『涼宮ハルヒの憂鬱』から『響け!ユーフォニアム』まで』を頒布します。

オールタイムベスト2017

ワッシュさんのこちらの企画に参加させていただきます。 映画オールタイムベストテン:2017 - 男の魂に火をつけろ!

大いなる遺産、その微かな灯火――『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』感想

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を字幕版で鑑賞しました。ノリで公開日に見に行って、いままで感想を書いてこなかったんですが、賛否両論ぶりにビビってます。僕はめっちゃ好きなので。以下感想。

子どもと大人、終わらないエクソダス――『OVERMANキングゲイナー』感想

ここひと月くらい、『OVERMANキングゲイナー』を見返してたんですが、思い出補正で美化されてたとかではなくマジで半端なく面白かったのだなと再確認しました。以下、感想。

十年後にはなくなっているかもしれない場所のこと――国立新美術館「新海誠展 「ほしのこえ」から「君の名は。」まで」感想

国立新美術館の「新海誠展」に行ってきました。『君の名は。』公開以前にこんな企画展がこんな規模で催されるとは想像もしてなかったので、いやはや先のことはわからんなあと。以下感想。

2017年11月に読んだ本と近況

11月は体調崩してやばかったんですがどうにかなりました。文学フリマ行けなかったのは痛恨でしたが…。 先月の。 2017年10月に読んだ本と近況 - 宇宙、日本、練馬

探偵は中世に敗北する――ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』感想

数年来積読状態にあったウンベルト・エーコ『薔薇の名前』をこのたび読んだので以下感想。

『ジャスティス・リーグ』感想

『ジャスティス・リーグ』を2D字幕版でみました。以下感想。

アスガルド、その血塗られた故郷――『マイティ・ソー バトルロイヤル』感想

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(原題: Thor: Ragnarok)をみましたので感想。

壁は壊れスパイは分裂する――『アトミック・ブロンド』感想

『アトミック・ブロンド』をみましたので、感想。

悲劇の英雄の死と復活――映画『氷菓』感想

映画『氷菓』をみました。以下、感想。